記事

追悼・金田正一 愛すべき“カネやん”のヒヤヒヤするけど憎めないエピソード ‐ 黒田 創

1/2

 金田正一さんが亡くなった。享年86。現役時代は国鉄スワローズ~読売ジャイアンツを通じて通算400勝298敗、365完投、奪三振4490、投球回数5526と2/3。打者としても38本塁打(うち2本は代打)を放ち、ピッチャーなのに8回も敬遠されるなど、叩き出した数字のすべてが規格外。まさに球界のレジェンドオブレジェンドである。


金田正一さん ©文藝春秋

観る者をヒヤヒヤさせる「カネやん」の記憶

 記録以外にもその徹底した健康管理術や走り込みを中心とした練習法など逸話の多い金田さんだが、引退したのは50年前の昭和44年なので、現役時代を知る方は若くても50代後半以上ということになる。

それより下の世代の野球ファンにとっては、何かというと判定に抗議し、乱闘騒ぎをしょっちゅう起こし、時には審判や相手選手に蹴りを入れた2度のロッテ監督時代、自らが立ち上げた名球会入りする選手に記念のブレザーを着せてあげる姿、そしていつも豪放磊落にふるまう解説者およびタレントとしての「カネやん」の方が記憶に残っているのではないか。

近年こそ機会は減ったとは言え、CMやトーク番組、たまに『サンデーモーニング』に出演しては相も変わらずの歯に衣着せぬ発言で観る者をもヒヤヒヤさせていた。カネやん出演時はハリーこと張本勲さんの口数が少なくなってしまうほどだった。

 現役時代から口が達者で交友関係も広かったカネやんだけに、引退後はお決まりの野球評論家の枠に納まりきる訳もなくプロダクション〈カネダ企画〉を立ち上げるなど幅広く活動する。そのひとつが報知新聞(現・スポーツ報知)に連載していた各界の著名人との対談企画。実に40名との対談の模様が『失礼!金田です』(昭和46年、報知新聞社刊)という本にまとめられているのだが、これがめっぽう面白く、タレント・カネやんの礎になった感があるので追悼の意を込めて読み返してみたい。

「お嬢、きょうはイヤにきれいに見える」と、美空ひばりにキス

「カネさんがまた本を出した。いったいあの人はもの書きなのか、野球評論家なのか、本職はなんだろう」と長嶋茂雄が推薦文で述べる通り、これはカネやんにとって3冊目の著書。過去2冊で幼少時からの思い出話や持論を好き放題に書いているのに比べ、対談ともなるとさすがのカネやんといえどもやや身構えていたようで「触れてもらいたくないことを、いきなり切り出してはめちゃくちゃ。最初から決め球を投げて、ピッチングを苦しくするのと同じで、インタビューも頭を使わなくてはならない」とそれなりに気を遣っている様子なのだ。

 しかしそこは「天皇」の異名を取った400勝男。一世を風靡したプロボウラー中山律子に「一番先に聞きたいそのことを、一番最後におそるおそる」と遠慮しつつも生理について尋ねたり、歌手の藤圭子(当時18歳)に「自分の顔いいと思う?」と悪気もなく聞いたりと本領をいかんなく発揮する。デザイナー森英恵の回では「女性はハダカのときが一番美しい」「そのハダカの上にものを着せようとする人など、知るわけがない」と対談前の印象を語り、そのくせ会うなり森からネクタイをプレゼントされ、体格と顔を褒められると「ヒップのあたりがムズムズして、どういう顔をしたらいいのか、どうお答え申し上げたらいいのやら」と恥ずかしがり、返礼にネクタイを4本も購入してしまう。

さらにカネやんがファンだと言う作家・山岡荘八の回では、作中のラブシーンについて「即物的なのは読んでどうということはないのに、先生のを読むと自然にズボンのあたりが突っ張ってしまって……」と告白。カネやんの純な一面が垣間見える。

 驚くべきは「この対談の謝礼は、現金では失礼なので、みんなスコッチ・ウイスキー」という点。いやそこは現金でしょ!と思うが誰だってカネやんからウイスキーを差し出されたら貰わざるを得ない。そんな調子だから昔から「妹みたいな存在」で、昭和43年発売のシングル『男の腕』で曲中セリフにも参加している大スター・美空ひばりとの対談では「会う前の宴席でいささかピッチをあげすぎてしまった」挙句、酔っぱらって約束の時間に15分も遅刻。さらには「お嬢、きょうはイヤにきれいに見える。酔ってるせいかな!」と耳元にキスまでしてしまう。これがスポーツ新聞に載ったのだからおおらかな時代である。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  4. 4

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  5. 5

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  6. 6

    HIV新規感染 7割が男性同士のSEX

    AbemaTIMES

  7. 7

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  8. 8

    織田信成を告発 モラハラ受けた

    NEWSポストセブン

  9. 9

    中村医師「裏切られても憎まず」

    小沼 大地

  10. 10

    神田沙也加・元夫への非難に疑問

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。