記事

選挙の鉄人と新しい選挙手法の開発者との一騎打ちになるのかしら。風雲急を告げる参議院埼玉補選

れいわの山本太郎氏の出番だろうと思っていたが、さすがにN国党の立花孝志氏は人の意表を突くのが上手い。

自民党が候補者を擁立することを断念した時点で大方の方は眠りについていたはずなのだが、これで皆さん、目が覚めたはずである。

これで選挙戦に一気に火が点く。

選挙の鉄人とまで評されるに至っている前埼玉県知事の上田氏も決して安閑としていられないはずである。
眠りについていた人たちを叩き起こさなくてはならなくなった。

現職の参議院議員が議席を擲って同じ参議院の補欠選挙に立候補するというのだから、異例中の異例である。
参議院議員のポストに執着する人にはおよそ考え付かないような発想をし、実際に行動に移すことが出来るのが立花孝志氏だ、ということかしら。

横紙破りかどうか分からないが、型破りであることは間違いない。
既成概念におよそ捉われるところがないから、そこが立花氏の強みなんだろう。

NHKをぶっ壊すためには何でもやる、ということだろう。

頭のいい人だ、という風評はかねてから聞いていたが、利用できる仕組みは何でも利用する、というその姿勢には一種の凄みがある。

上田氏を自分たちの陣営に取り込もうという自民党の秘めたる野望は、立花氏の登場で吹っ飛んで行ってしまうかも知れない。

ひょっとしたら、野党の皆さんが期待していた野党共闘・野党統一候補作戦も立花氏の登場でおかしくなってしまうかも知れない。

この作戦、どなたが考えられたのかしら。
一時期元自民党の衆議院議員の名前がマスコミに登場していたが、あれは陽動作戦の一種だったのか。

これで、これまで投票所に足を運ぶのを止めておこうと思っていた人たちのどの程度が投票所に足を運ぶようになるのか分からないが、いずれにしてもこの度の参議院選挙埼玉選挙区の補欠選挙に目が離せなくなったのは明らかだ。

あわせて読みたい

「立花孝志」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  3. 3

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  10. 10

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。