記事

アラスカで恒例「一番太ったクマ」大会開催中、オンラインで投票


[アンカレジ(米アラスカ州) 7日 ロイター] - 米アラスカ州のカトマイ国立公園・保護区で、「一番太ったクマ」を選ぶ毎年恒例のコンテスト「ファット・ベア・ウィーク」が行われている。

今年のコンテストには12頭のグリズリー(ハイイログマ)が出場。それぞれのクマの写真がフェイスブックのページ( https://www.facebook.com/KatmaiNPP )に掲載され、ユーザーが最も太っていると思うクマに投票する仕組み。7日午前時点では「レフティー」「グレイザー」「ホリー」の3頭が残っている。勝者は8日に決まる。

カトマイに生息するグリズリーは、10月末から11月初めにかけて冬眠に入る前に体重を増やす必要がある。冬眠する頃には、雄の体重は1000ポンド(454キロ)、雌は600ポンド(272キロ)を超えることもある。公園レンジャーによると、クマは冬眠中に体重の約3分の1を失うことが多く、それだけ太る必要があるという。

「ファット・ベア・ウィーク」は現在1週間行われているが、2014年に始まった当初は1日のイベントだった。その後、公園のスタッフらが期間を延長して行うようになった。

あわせて読みたい

「動物」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。