記事

関西電力幹部が「悪代官」のレベルに落ちた原因

1/2

関西電力幹部らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題。岩根茂樹社長は記者会見で「不適切だが、違法ではない」などと繰り返した。ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳氏は「コンプライアンスを守りさえすれば『それでよし』なのか。まるで時代劇に出てくる悪代官のようだ」という――。

記者会見する関西電力の岩根茂樹社長(右)と八木誠会長=2019年10月2日、大阪市福島区 - 写真=時事通信フォト

■関電と元助役は、まるで時代劇の悪代官と越後屋の関係

「関電よ、おまえもか」

こう心の中でつぶやいた人はどれほどいるだろう。日産自動車のカルロス・ゴーン前会長による特別背任事件に続いて、関西経済界を代表する関西電力の不祥事が発覚した。

関西電力の幹部20人が福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題。関電側の当事者は岩根茂樹社長、八木誠会長ら20人に及ぶという。岩根社長、八木会長は会見をひらき、釈明に追われたが、自身の辞任については否定した。

報道によると、受領したのは約3億2000万円分の金品。例えば、50万円もするスーツ仕立券計75着分が送られてきて、うち61着が消費されたという。菓子折りの底には金貨が忍ばせてあったらしい。まるで時代劇の中の悪代官と越後屋との関係性を見ているようである。

「ワシを軽く見るなよ」
「お前の家にダンプを突っ込ませてやる」

元助役がこうすごむと金品を受け取らざるを得なかったと関電側は釈明する。しかし、助役はすでに亡くなっている。「死人に口無し」状態の釈明のどこに、説得力があるというのだろう。岩根社長はあたかも関電側が被害者であることを強調し、

「不適切だが、違法ではなかった」

と言い放った。

■コンプライアンスを守りさえすれば「それでよし」なのか

岩根社長が言うように、コンプライアンスを守りさえすれば「それでよし」なのか。法は人間社会における「最低限の」ルールである。ほんらいは法令遵守すべきラインの、“もっと前の段階”で「倫理・道徳観に基づいた自己抑制」を効かせなければならないはずだ。

わかりやすくいえば「お天道様が見ている」「悪いことをすればバチが当たる」「ご先祖様に申し訳が立たない」といったような「見えざる価値」を日本人は大切にしてきた。

■過去3年の大企業の不正・不祥事で見えてくること

欧米人は、「なぜ悪いことをしてはいけないのか」と問うた場合、「法律で罰せられるから」との合理的な答えが多いが、日本人の場合は法令遵守の意識とは別に「誰かに見られているから」との感覚的な作用も働く。それが、規律正しい行動につながってきた。

たとえば、ゴミのポイ捨てをする人の少なさが挙げられる。私は京都の嵯峨野の観光地のど真ん中に住んでいるが、ゴミをポイ捨てするのは日本人ではなく、多くが外国人旅行者だ。

また、2011年3月の東日本大震災の直後、略奪などが比較的少なく、混乱期の秩序のありようは海外からも評価が高かった。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/RoBeDeRo

これらは、日本人ひとりひとりに染み付いた宗教性の好影響だと、私は分析している。

改めて仏教と企業倫理との関係性を論じてみたい。日本人は近年まで仏教・神道・儒教的思想に基づく、行動規範を持っていた。

この見えざる力による行動抑制が近年、弱まってきているのかもしれない。大和総研の報告「企業の不祥事予防には何が必要か」(2019年)では、「企業の不正や不祥事にかかわる報道件数は増加傾向にあり、企業のコンプライアンスの重要性が増している。過去3年間で不正が発生している企業は、従業員や関係会社の多い大企業が多い。発生が多い不正事例のタイプは『横領』や『会計不正』である」としている。

■「誰かに見られている意識」「感謝する心」が全然ない

この3年ほどでどれほどの企業不祥事があったのか。思いつく限り列挙してみた。

▼2016年
スズキ「燃費データ偽装・所得隠し」
▼2017年
タカタ「リコール隠し」(のち経営破綻)、てるみくらぶ「粉飾・詐欺」、神戸製鋼「品質検査データ改竄」、はれのひ「粉飾・詐欺」、ゼネコン4社「リニア談合」
▼2018年
スバル「データ書き換え」、スルガ銀行「不正融資」、日本大学「アメフト悪質タックル問題」、ヤマトHD「過大請求」、レオパレス21「施工不備」、日産「ゴーン・西川ショック」(~2019)
▼2019年
吉本興業「闇営業」、日本郵政グループ「不適切販売」、東レ「契約書偽造」……。

これらは多くが「過失」ではなく、「故意」に引き起こされた不祥事である。そこには、神仏をも畏れぬ「悪意」が潜んでいる。

「誰かに見られている意識」「感謝する心」「つながりの意識」など長年、仏教が育んできた「見えない価値」の再認識が、とくに経営者に強く求められているように思う。

あわせて読みたい

「関西電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  3. 3

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  4. 4

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

  7. 7

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    ヘリから女性落下 消防庁が謝罪

    AbemaTIMES

  10. 10

    嫌韓言説は本源的な暴力性の発露

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。