記事

大島議長発言の、大問題点

今日、衆議院では代表質問1日目。

先週土曜日に、大島衆議院議長が講演で「憲法改正にかかる国民投票法改正案について今国会で合意するべき」という趣旨の発言をしたことは、冒頭から問題となりました。

当然です。議長というのは公平中立な立場から衆議院における議論を差配する立場。それが、(与党が提案している)ある法案に関して、期限を示してそこまでに合意するべきなどと、与党側の片棒を担ぐような発言をするなんて、あり得ません。

この問題の整理をつけるために、今日の衆議院本会議は約1時間半遅れて始まることとなりました。

大島議長には、今回の自らの発言の問題の大きさに、深く思いを致してもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「臨時国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。