記事

大島議長発言の、大問題点

今日、衆議院では代表質問1日目。

先週土曜日に、大島衆議院議長が講演で「憲法改正にかかる国民投票法改正案について今国会で合意するべき」という趣旨の発言をしたことは、冒頭から問題となりました。

当然です。議長というのは公平中立な立場から衆議院における議論を差配する立場。それが、(与党が提案している)ある法案に関して、期限を示してそこまでに合意するべきなどと、与党側の片棒を担ぐような発言をするなんて、あり得ません。

この問題の整理をつけるために、今日の衆議院本会議は約1時間半遅れて始まることとなりました。

大島議長には、今回の自らの発言の問題の大きさに、深く思いを致してもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「臨時国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。