記事

阿部寛『まだ結婚できない男』で、独身中年を勇気づけたい

「このドラマは、僕の代表作のひとつ。当時、自分の中で『確たるものをつくりたい』という強い思いで挑んだ作品です」

 阿部寛主演で2006年に放送されたドラマ『結婚できない男』(フジテレビ系)。

 イケメンで高収入なのに、偏屈すぎて結婚できない建築家・桑野信介(阿部)の悲哀を描いた同作は、当時の独身中年男性の絶大な共感を呼び、大ヒット。まだ、「おひとりさま」という言葉も存在しなかった時代に、独身中年男性のあり方がクローズアップされ、社会現象にまでなった。

 その待望の続編が、10月8日から始まる『まだ結婚できない男』だ。阿部は、13年後の桑野信介を演じる。

「じつは、続編の話は以前から出てはいたんですが、なかなか二つ返事では引き受けられなかったんです。というのも、前作を観てくださっていた方の思い入れが非常に強い作品なので、『ヘタなことはできない』という思いがあって……。

 作品から十分な時間がたったことが、『ひとつやってみよう』と思うきっかけになりました」

 前作の放送時、阿部は42歳で独身だったが、その翌年、15歳年下の女性と結婚。会見で「『結婚できない男』が結婚することになりました」と笑わせた。

 しかし、現実社会では、桑野のような “こじらせ独身中年” は、増加の一途をたどっている。少子化社会対策白書によると「50歳時未婚率」、すなわち50歳を超えて結婚したことがない人の割合は、男性で23.4%、女性で14.1%だ。

 本誌の編集者や記者、読者のなかにも40代、50代で「結婚できない」現実を抱える者は少なくない。そうした “こじらせ独身中年” を、阿部はどう見ているのだろうか?

「うーん……どうなんですかね?(苦笑) 僕のまわりにも、けっこういるんですよ。前作同様、今回の続編でも、『そういう人たちを勇気づけられればいいな』と思いますよね。

 いまは、いろいろと便利になってるでしょ。みんな、車も乗らないような時代になりつつあったり。個人で楽しめることが増えて、独身でも不自由がなくなってきているのが、ひとつの社会の現象だと思うんですよね」

 今回も、桑野と自分の境遇を重ね合わせてドラマを観る視聴者は多いだろう。

「ひとつ言えるのは、桑野はけっしてめげないんですよね。人嫌いなように見えて、人と人とのつながりを非常に大事にしているし、毎日楽しく生きてて、けっして卑屈ではない。だから、今ひとりの方も、参考にしてほしい」

『メンズノンノ』のモデルを経て、23歳で俳優デビュー。現在、55歳。俳優としては円熟期を迎えた阿部。しかし、不遇の時代もあった。

「当時は『モデル出身』というだけできたから、いただける役柄が非常に狭くて……。まあ、自分が演じられなかったというのもあるけど、いろんな役を期待してもらえなかった。

 そうすると当然のごとく、仕事も減っていくし、行き詰まるでしょ。20代中盤の5年間くらいは仕事もなくて、精神的にもキツかった。暇さえあれば、パチンコに行ってました」

 不遇な時代の経験が、現在の「俳優・阿部寛」を突き動かす原動力になっているという。

「いろんな役ができなかった、あのころの悔しい気持ちが、25年くらいたった今もずっと残っていて、僕のエネルギーになっているのは確かです。それこそ、1993年に、つか(こうへい)さんと舞台の仕事をさせていただく前までは、どうしたら仕事をもらえるのかが全然わからなかった。

 だから、もがいていろいろな人の真似をするんだけど、全部外しました。ようやく30代でチャンスが来たときは、『絶対にこのチャンスは逃さない!』と思っていたし、それは実際に逃さなかったですね」

 最後に、結婚したくてもできない人たちが、心がけるべきことは何か、聞いてみた。

「『結婚したい』と思うこと、『しよう』と思うことが大事なんじゃないですかね。今回のドラマもじつは、それが裏テーマなんですが、とにかくこのドラマが、そんな皆さんの次の日の活力になってくれたら嬉しいですね」

あべひろし
55歳 1964年6月22日生まれ 神奈川県出身 ドラマ『新参者』(2010年)、『下町ロケット』(2015年ともにTBS系)に主演。『歩いても歩いても』(2008年)、『海よりもまだ深く』(2016年)など映画でも活躍している

スタイリスト・土屋詩童
ヘアメイク・小泉尚子

※ドラマ『まだ結婚できない男』は10月8日(火)夜9時スタート(フジテレビ系)

(週刊FLASH 2019年10月22・29日号)

あわせて読みたい

「阿部寛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  5. 5

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  6. 6

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  7. 7

    決断力なき小泉環境相の評価急落

    天木直人

  8. 8

    安倍・中曽根比較のコラムが秀逸

    海住恒幸

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。