記事

米英3氏にノーベル医学生理学賞、細胞の酸素感知を解明


[ストックホルム 7日 ロイター] - スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル医学生理学賞に、酸素濃度の変化に対する細胞の適応について研究した米英の科学者3氏に授与すると発表した。

受賞したのは米ハーバード大のウィリアム・ケーリン氏、米ジョンズ・ホプキンス大のグレッグ・セメンザ氏、英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ氏。

3氏は身体が酸素量に応じて反応する「低酸素応答」のメカニズムを研究。研究の成果は心臓病、貧血、がんの治療に新たな道を開いた。カロリンスカ研究所のランダル・ジョンソン教授は受賞について「細胞の働きに関する根本的な真理を説明した」と称えた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  5. 5

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。