記事

カードと現金だらけの大きな財布は「恰好悪い」


私がいつも使っている財布は、長財布サイズで、ジッパーで開閉できるかなり大きなものです。

写真のように1面にカードが6枚入っていますが、4つの面にカードを入れることができ、合計で20枚以上のカードを持ち歩いています。クレジットカードだけでも10枚近くあり、さらにお店のポイントカードなど、いつでも必要な時に使えるようにしています。

また、現金も常に10万円程度は財布に入れるようにしています。これは、現金しか使えない高級店に入った時に、キャッシュが無くて困った経験があってから、そのようにするのが習慣になってしまいました。

しかし、最近気が付いたのは、近くでランチをしたりスタバでコーヒーを飲む時には、必要なカードはほんの数枚だけで、現金を持ち歩く必要も無いということです。

ほとんどの場合は、いつも使っているクレジットカード、それにポイントカードくらいがあれば用は足りてしまいます。大きな財布を持ち歩くのは、夜の会食や遠出をする時くらいで大丈夫なのです。

そもそも大きな財布を持ちあるくのは、あまり好きではありません。持ち物はいつもできるだけ少なくしたいタイプなので、カード類も可能ならアプリにしたりして極力減らしておきたいと思っています。

分厚い財布にカードをこれ見よがしに入れていたり、財布の中から分厚いお札を出して払うといった派手なやり方は、あまり格好いいとは思えません。持ち物は、できるだけスリムで少なく、シンプルにしておく方がスマートです。

という訳で、私も普段持ち歩くカードをできるだけ少なくする方法を試してみることにしました。

スタバに行くときは、スタバのアプリがあれば、チャージする時以外はお財布は必要ありません。コンビニに行くだけならクレジットカードは一枚で充分。現金は不要です。現金しか受け付けないお蕎麦屋さんに行くときは、1000円札を1枚だけ持っていけば、いつも食べる納豆蕎麦はお釣りがきます。

どこまで財布はスリムにできるのか。これからあれこれ工夫して、手荷物から解放されるライフスタイルを実践してみるつもりです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年10月7日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「キャッシュレス決済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  2. 2

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    志村どうぶつ園出演の家族に疑惑

    文春オンライン

  4. 4

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  5. 5

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    中村哲医師はなぜ銃撃されたのか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ジャパンライフと政治家の蜜月期

    文春オンライン

  8. 8

    中村医師巡る首相対応に「失格」

    天木直人

  9. 9

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  10. 10

    「サイゼ料理をアレンジ」は面倒

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。