記事

「表現の不自由展・その後」で斬新な“電凸対応” 作家が抗議の声に直接対応へ


 6日、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止問題を巡り、異例の発表があった。

 5日には芸術監督の津田大介氏が「8日以降の再開というのが現実味が高い。協議は続いている」と発言していたが、翌日の6日に表現の自由について話し合う国際フォーラムで、出展している作家自らが抗議に対応する取り組み「Jアートコールセンター」の設置が発表された。


「Jアートコールセンター」は、8日から会期末の14日までの正午から午後8時までの時間で、作家が直接抗議の電話に対応する。

 出展作家の1人である演出家の高山明氏は「異論がそのまま響く空間がほしかった。(抗議してきた人と)直接話したい」と語っている。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

【動画】「表現の不自由展・その後」で斬新な“電凸対応”

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  2. 2

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  3. 3

    官邸の思い付きで日本は大混乱に

    篠原孝

  4. 4

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  5. 5

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  6. 6

    自粛ムダに…百貨店へ並ぶ高齢者

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    中国のコロナ感染「第2波」懸念

    ロイター

  8. 8

    布マスク普及呼びかけに医師指摘

    名取宏(なとろむ)

  9. 9

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

  10. 10

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。