記事

香港「覆面禁止」の緊急条例に市民反発

香港で、デモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」が施行された初日の5日、そして昨日6日、香港で、施行に反発する多くの市民が、マスクを着用して無許可の抗議デモを行いました。

この「覆面禁止法」は、デモ参加者がマスクなどで顔を覆うことを禁じる規則です。
行政長官が、緊急時に立法会(議会)の手続きを経ずに必要な規則を設けられる「緊急状況規則条例」を発動して制定し、5日に施行されました。

最高刑は金庫1年、罰金2万5千香港ドル(約34万円)。警察の許可を得ていないデモだけでなく、合法的な50人以上の集会、30人以上のデモ行進にも適用されます。

施行初日の5日には、中心部でマスク姿の市民など千人超が幹線道路を占拠して無許可の抗議デモを行いました。

複数のデモが呼びかけられましたが、大きな混乱は起きていない、と報じられていました。

香港各地で、4日夜には激しい抗議行動が発生し、警官が実弾を発射して、14歳の少年が太ももに重傷を負いました。

1日に高校2年の男子生徒が警官に至近距離から左胸を撃たれて一時重体になったばかりですが、また子どもの犠牲者が出たことになります。

この日、警察は同法に違反したとして13人を逮捕しました。

この覆面禁止法について、6日、民主派議員などが行った同法の臨時差し止め請求を、高等法院(高裁)は、認めませんでした。

同時に申し立てた緊急条例を用いた同法制定の違法性を問う司法審査については、10月下旬にも審査の必要性を審理することを決めた、とのこと。

6日には、香港の中心部や九竜半島で行われたマスク姿の市民など計数万人が無許可の抗議デモを行いました。この覆面禁止法を、香港政府は、「勇武派」と呼ばれる過激な破壊行為も辞さない若者たちと、彼ら に声援を送る穏健な市民を分断するために制定した、とされています。

世論の支持を失えば、勇武派は孤立化し、デモは縮小に向かうという読みがあった、とのこと。

しかし、市民の行動を読み違えていて、緊急条例は戒厳令に近い効力があり、禁じ手とされているので、市民の反発を激化させたようです。

6日のデモには、親子連れなども参加し、反発する動きは逆に広がっています。

中国の習近平指導部は、背後から行政府に圧力をかけ、覆面禁止法の発令が「香港の法治を守る」と強調している、と報じられています。

市民が、何に失望し、怒りをこめて抗議行動を起こしているのか、対話でしか解決しないと思います。中国が、武力で介入する最悪の状態は何としても避けるよう、国際社会が、常に関心を持ち、意思表示をしていかなければならないと思います。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

  2. 2

    音喜多氏 朝生出演で未熟さ痛感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    よしのり氏 安倍首相に期待残す

    小林よしのり

  4. 4

    ダムめぐる鳩山氏の発言を批判

    深谷隆司

  5. 5

    CSの大欠陥を証明した西武敗退

    幻冬舎plus

  6. 6

    チョ・グク氏辞任で窮地の文政権

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  8. 8

    雅子さまが乗り越えたモラハラ

    女性自身

  9. 9

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  10. 10

    「スカーレット」演出の雑さ指摘

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。