記事

日本の子どもと交流も?ラグビー外国選手の試合がない日の過ごし方

1/2

連日手に汗握る好ゲームが続き、一層の盛り上がりを見せるラグビーワールドカップ日本大会。11月2日の決勝戦まで、まだまだ熱い試合から目が離せません。

激しくぶつかり合うラグビーは、体に疲労とダメージが蓄積するため、試合間隔が長く設定されています。そのため、大会期間が1か月半と長期にわたり、外国チームの選手たちはこの間ずっと日本に滞在することになります。

試合と練習が中心のスケジュールにはなりますが、選手たちは日本滞在中のそれ以外の時間をどのように過ごしているのでしょうか。チームや選手のSNSアカウントから動向を調べてみました。

セルジオ・パリセ選手/イタリア

リカバリー&次戦に向けたトレーニング

試合が終われば、次の試合に向けてトレーニングで準備。リカバリーセッションでは体の疲労を抜くために、氷をたっぷりと入れたアイスバスを使うチームも多いようです。

この投稿をInstagramで見る

‪Back to the training field : @gettyimages ‪#BACKBLACK ‬

All Blacksさん(@allblacks)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Post-Tonga recovery session. . #Rugby #RugbyGram #CarryThemHome #RWC2019

England Rugbyさん(@englandrugby)がシェアした投稿 -

スーパースターが学校にやってきた

試合に向けて調整・トレーニング以外に、チームで参加する行事も多いようです。多くのチームがやっているのが、キャンプ地にある学校を訪れ生徒たちと交流するイベントです。

ラグビーをプレーする生徒にとっては、世界のトッププレイヤーとボールを追いかける瞬間は何にも変え難いですね。ハードな試合の合間に、こうしたイベントに参加してくれるとは頭が上がらない思いです。

日本語のTwitterアカウントも運用するウェールズ代表チーム。ボールを追いかける子どもたちが、とても楽しそうです。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。