記事

炎上の典型的パターン 日本人の「ルール厳守」主義が影響か

ネットニュース編集者の中川淳一郎氏

 ネット炎上には、一定のパターンがある。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、炎上の典型的パターンについて分類し、「ルール厳守」主義が影響していることを浮き彫りにする。

 * * *

 外国人の彼氏と一緒に日本のレストランに行ったことをツイートした日本人女性がネットで叩かれた。要約すると、英語で「これください」と彼氏は言ったが英語力のないウエイターは彼の方を見ることなく女性に喋りかけた、というもの。最後に彼女はウエイターに向かって“I don’t understand”(店の対応が「理解できない」の意)と言ったという。

 彼女への批判を大別すると【1】ここは日本だ【2】あなたが注文してやれ【3】最後の一言は意地が悪い【4】ミスを避けようとしたウエイターが可哀想、など。

 だが、彼女はウエイターが彼氏にコミュニケーションを取ろうとしなかったことを悲しがっているので、論点が噛み合っていない。彼女の気持ちも理解できる。

 どちらが正しいか、については互いの言い分があるため結論は出ないだろう。ただし皆、どうでもいいことに対していちいち意見を言い過ぎてはいないか。非常識だと思ったり、気に食わなかったとしても、わざわざ声を上げることの意味がよく分からない。仕事相手や家族・友人ならまだしも、所詮、赤の他人だ。

 まったく関係のない者の「過干渉」が余計な軋轢を生み、人々の心をギスギスとさせる。いい年した大人なんて考え方は変わるわけがないのだから、諭すようなことはする必要はないし、ましてや猛烈に叩く必要もない。本人が非常識なのであれば、それはそれでその人が選んだ人生だ。非常識の度合いが凄まじかったらいずれしっぺ返しを食らうだろう。

 外野が一斉に一人の人間をボコボコにする様というのは、仮に元ネタの発信者が非常識であったとしても、「もう充分に叩かれているから、自分はこの“祭”に参加しないでいいかな。もう乗り遅れちゃったもんね」ぐらいに思えばいいのである。

 とはいっても、今回の件は炎上の典型的パターンだったため、それが何かを説明する。

「現場で頑張る人に対し、力を持った者が過度なサービスを要求し、“マウンティング”を仕掛けた。しかも余計な一言を加えた」

 これは全てが「事実」ではなく「こう捉えた人が多かった」という意味である。ここで言うところの“マウンティング”の物差しは「英語力」であるが、このパターンは必ず燃えるので、絶対にやめた方がいい。以下のような告白は燃えるだろう。

【1】ご飯の量を半分にして、と言ったら「できません」と言われた。石頭マニュアル店員……(絶句)

【2】コンビニ店員が座ってるとなぜか萎えるよね。接客業でしょ?

【3】タクシー運転手が道を間違えて普段より800円高くなった。そう伝えたらその分はいらないと。いや、俺の時給考えたら無駄にした時間分、逆にカネくれカス

 梅沢富美男の「コンビニで酒を買った時に成人確認ボタンを押すよう言われキレた」に通じるが、これらを書く人間は自分では正論を述べているつもりなのだ。「こういう考え方もあるんだね」程度の捉え方をするだけでいい。あと、炎上を見ていると日本人の「ルール厳守」主義も感じられる。梅沢の件も「マニュアルでルールが決まっているんだからそれくらい守れ」式の批判が多かった。あとは、過去に車がまるで通っていない道の赤信号を渡ったことをツイッターで告白した人物が、ボコボコに叩かれたことも思い出した。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。