記事

16歳に共鳴した"世界最大デモ"若者たちの怒り

1/2

ニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット」では、開催前に過去最大の環境保全デモが行われた。その多くは、アマゾンの森林火災をはじめとする環境対策への世界の対応に抗議する10~20代のアメリカの若者たちだった。なぜ、彼らはこれほどまでに怒っているのか——(前編、全2回)。


過去最大の環境保全デモで演説したスウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(16) - 撮影=Kazushi Udagawa

アメリカの若者が奮起した「過去最大の環境デモ」

60カ国以上のトップたちが気候変動に関して具体策を表明する「気候行動サミット」が9月23日、ニューヨークの国連本部で開かれた。日本では小泉進次郎環境相が就任後の「外交デビュー」を果たしたことが話題になったが、世界が注目したのはなんといっても、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)による涙ながらの演説だった。

サミット開幕前のニューヨークでは、高校生などの若者が中心になって温暖化対策を訴える大規模なデモが行われた。グレタさんが一人で始めた抗議行動がきっかけとなったデモは、主催団体発表で約25万人が参加。世界150カ国以上で400万人を超える人々が「今すぐ温暖化対策を!」と同時に声を上げる、過去最大規模の環境デモとなった。

気候変動を食い止める活動は、いまや世界中で最も関心の高いムーブメントになっている。その大きなうねりの中心にいるのがアメリカだ。ドナルド・トランプ大統領が、人間の活動による地球温暖化を否定する姿勢をとり続けている中、政権に抗議する若者たちの声が日増しに高まっているのだ。


「化石燃料をやめろ」と書かれたプラカードを掲げるデモ参加者 - 撮影=シェリー めぐみ

こういった環境保護活動はこれまで幾度となく行われてきたにもかかわらず、今回のような大きな動きに発展することはなかった。彼らの怒りをひとつにする大きな引き金となったのは、折しも南米・アマゾンで発生していた未曾有(みぞう)の森林火災だった。

衛星写真に映る無数の炎を見て衝撃

アマゾンの熱帯雨林が燃えている――。8月下旬、アメリカのテレビやネットメディアは数日に渡り、このニュースをトップ扱いで報じた。

それによると、今年に入って起きたアマゾンの山火事は7万5000件と昨年の2倍近い数で、アメリカ合衆国の半分もの面積に当たる550万平方キロメートルのうち、すでに九州全域以上の面積が焼失したという。その様子は衛星写真に無数の赤い炎の点としてはっきりと映し出され、無残に焦土となった熱帯雨林の残骸の映像も繰り返し報道された。

情報が伝わるスピードも早かった。ネットはもちろん、学校で、オフィスで、まさに火のようにまたたく間に広がったのだ。

それを受けて、どうやってアマゾンを救えばいいかというメディア記事とそれに応える一般市民の声がネット上に溢(あふ)れ、レオナルド・ディカプリオなどのセレブがいち早くアマゾン森林保護活動への参加を宣言。アマゾンを救うには森林伐採の最大の原因となり、温室効果ガスを多量に排出している畜産を減らすしかないと、肉の消費を減らすことを呼びかける若者も次々と現れているのだ。

一見地球の片隅で起きている森林火災が、なぜここまでのハレーションを起こしているのだろうか? それは多くのメディア報道を通じて一般市民もセレブも共有した、ある衝撃のヘッドラインがきっかけだった。

災害が増える中、「地球の肺が燃えている」

ブラジルは近年の経済後退により、積極的な経済開発を掲げるジャイール・ボルソナーロ大統領が今年就任した。もっとアマゾンを農業や畜産に利用しようという方針で、森林伐採の規制を緩和してきた。今回の火災も、伐採した森林を燃やして農地や牧場にする動きが原因とされている。しかしボルソナーロ大統領は当初「消すためのお金はない、そもそも火災は環境保護団体による放火(根拠はない)」と反論していた。

これに対し、ヨーロッパ、特にフランスのエマニュエル・マクロン大統領が「対応しないなら貿易で圧力をかける」と宣言したが、この時マクロン大統領が「アマゾンは地球の酸素の20%を供給している地球の肺だ。これは世界の危機、私たちの家が燃えているのだ」と訴えた。それがそのままヘッドラインとなり大きく報道されたのだ。

多くのアメリカ人はこれを見て震え上がった。


「私たちの家が燃えている」と書かれたプラカードを持つ参加者(右)。デモには未成年も多く参加した - 撮影=シェリー めぐみ

アメリカ人が恐れを感じた背景には、ここ数年の史上まれにみる規模の災害の頻発がある。巨大な山火事があちらこちらで起き被害も拡大、また10年、20年に一度とされるハリケーンや水害が数年を待たずに発生している。

異常な高温や竜巻の発生も目立つようになり、跡形もなく壊滅した街や、水没する街の映像も珍しくなくなった。多くの人が、気候が変わりつつあるのを実感し始めたところだったのだ。

そこに報道されたのがこの火災のニュースだった。世界を代表する熱帯雨林アマゾンで、これまでにない大規模な森林火災が起きている。その原因は経済を優先した人間の手によるものである事実を突きつけられたのだ。

あわせて読みたい

「環境問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。