記事

UNFMAC

近年、国連PKOの現場では、PKO要員が負傷したときに適切な対応をするための訓練を受けた要員が不足し、深刻な問題となっています。
 
毎年、平均するとなんと100名を超えるPKO要員が死亡しています。
 
国連が実証演習を行ったところ、基礎的な応急処置が施されてから専門的な医療処置が行われるまでの時間が想定を大幅に超えており、その間に負傷したPKO要員を生存させておくための処置に課題があり、負傷者が死亡していることが判明しました。
 
2018年9月の国連総会で、当時の河野太郎外務大臣(!)がA4P(Action for Peacekeeping)に関するハイレベルイベントにおいて、日本はUNTPP(国連三角パートナーシッププロジェクト)の下での医療分野の取り組みも新たに支援することを表明しました。
 
この方針に基づいて、負傷したPKO要員を医療スタッフの下に後送するまでの間に必要な応急処置ができるようにすることを目標とした国連野外衛生救護補助員コース(UN Field Medical Assistant Course: UNFMAC)に貢献して参ります。
 
そのために必要な教育マニュアルを策定するための事前ワークショップに自衛官(医官)を派遣してマニュアル原案を策定しました。
 
そのマニュアルに基づいて、今年10月7日からウガンダの国連エンテベ地域支援センターで、国連コンゴ民主共和国安定化ミッション(MONUSCO)および国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)の要員を対象とした試行訓練が実施されます。
 
防衛大臣(!)として、今回の試行訓練に教官として自衛官(医官)を二名派遣します。
 
ここでの結果を見て、2020年以降に本格訓練を開始する予定です。

あわせて読みたい

「防衛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  5. 5

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  6. 6

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  10. 10

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。