記事

【青森】「みんなで負担しみんなで支えあう仕組みつくる」玉木代表が定期大会で


 玉木雄一郎代表は6日、青森県八戸市を訪れ、国民民主党青森県連定期大会に出席した。大会では講演を行い、臨時国会の対応や次期総選挙の準備について意気込みを語った。

 玉木代表は、衆参で共同会派をつくり、政権離脱以降最大の野党会派となったことを報告。一緒に会派を組んだ他党のメンバーとともに「国会で一枚岩でしっかりやっていく」と決意を示した。

 次期総選挙に向けても野党が一枚岩で戦っていける体制をつくっていく考えを示し、「その時に大切なのは大義だ」と力を込めた。その旗の1つとなるのが、経済政策と社会保障政策であり、安倍政権とは異なる経済の好循環の作り方や、安心の老後の作り方を示していくと語った。

 安倍政権の経済政策は、大企業や大都市だけが大きくなり、地域にまで利益が行き渡っていないことが問題だと指摘。「この社会をみんなで支えていることを自覚して、みんなで負担してみんなで受益する本当の意味の支えあいの仕組みを私たちは作っていかなければいけない」と考えを示した。

 定期大会終了後に玉木代表は記者団からの取材に応じた。消費増税への不安や経済税率への不満が多いという世論調査が出ていることについて、受け止めを問われると、「さまざまな経済指標を見ても世界経済、日本経済は不況の入り口に立っている」と述べ、この状況で消費税を上げてしまうと、経済が後戻りしてしまうのではないかとの懸念を示した。こうした国民の不安に寄り添うためにも、国会では政府に徹底的に論戦を展開する考えを示し、「消費を軸とした政策を国会でも打ち出す」と述べた。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  7. 7

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。