記事

憲法の議論は与党の姿勢次第

今国会では、憲法に関する議論の行方もひとつの注目点です。

安倍総理は、前回の参院選を「憲法を議論する人を選ぶのか、議論すらしない人を選ぶのか」が問われたと言い、参院選の結果を「憲法を議論すべしという民意があった」としています。

まるで私たち野党側が、議論すること自体を拒んでいるような言い方で、極めて不正確かつ、不適切です。

私たちは、議論をすることを認めています。しかも、喫緊の課題として国民投票法を成立させた時に、積み残しの課題であった、国民投票の際のCM規制のあり方を議論しよう、と具体的な提案も行なっています。

それに乗ってきていないのが与党側。すなわち、自分たちの憲法の考え方を議論したいという、勝手なことを言っているだけのこと。それでは物事は進みません。

憲法の議論を進められるか否かは、与党側にかかっていると言えます。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  2. 2

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  3. 3

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  4. 4

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  5. 5

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  6. 6

    GoToの旅行に税金使われる違和感

    中川 淳一郎

  7. 7

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

  10. 10

    併用で75%還元も? GoToの要点7つ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。