記事

憲法の議論は与党の姿勢次第

今国会では、憲法に関する議論の行方もひとつの注目点です。

安倍総理は、前回の参院選を「憲法を議論する人を選ぶのか、議論すらしない人を選ぶのか」が問われたと言い、参院選の結果を「憲法を議論すべしという民意があった」としています。

まるで私たち野党側が、議論すること自体を拒んでいるような言い方で、極めて不正確かつ、不適切です。

私たちは、議論をすることを認めています。しかも、喫緊の課題として国民投票法を成立させた時に、積み残しの課題であった、国民投票の際のCM規制のあり方を議論しよう、と具体的な提案も行なっています。

それに乗ってきていないのが与党側。すなわち、自分たちの憲法の考え方を議論したいという、勝手なことを言っているだけのこと。それでは物事は進みません。

憲法の議論を進められるか否かは、与党側にかかっていると言えます。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  2. 2

    GSOMIA騒動 隠れて不買続く韓国

    NEWSポストセブン

  3. 3

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  5. 5

    おにぎり35個万引きした元公務員

    fujipon

  6. 6

    桜を見る会の批判 本質からズレ

    青山まさゆき

  7. 7

    沢尻容疑者めぐる陰謀論の疑問

    自由人

  8. 8

    動物を撃つ マタギの葛藤と信念

    清水駿貴

  9. 9

    「芸能人逮捕は陰謀」真剣に検証

    AbemaTIMES

  10. 10

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。