記事

快進撃のラグビーW杯日本代表へ「世界からの讃美」

アイルランドを撃破した(写真/時事通信フォト)

肩を組む日本代表選手たち(撮影/藤岡雅樹)

 ラグビーW杯での日本代表の快進撃を、伝統国のメディア、ジャーナリストたちが賞賛している。かつて“ラグビー後進国”として蔑まれてきた「ブロッサムズ」は、なぜ「ラグビー強豪国」と認められるに至ったのか──その大躍進を、今や世界は「驚嘆」でも「奇跡」でもなく、《敬意》を持って見ているのだ。

【写真】日本中を熱くさせる、日本代表選手たち

 初の日本開催となったラグビーW杯は、世界ランク9位の日本代表が世界ランク2位のアイルランドを19対12で撃破し、さらにサモアにも快勝したことで、これ以上ない盛り上がりを見せている(世界ランクはいずれも当時)。

 日本は、「世界一のディフェンス力」と称えられるアイルランドにスクラムで一歩も引かず、力強いアタックを繰り返した。アイルランド戦でケガから復帰したウイングの福岡堅樹は、逆転トライでその俊足ぶりを見せつけた。

 その戦いぶりを見た世界のラグビーメディアからも日本代表に次々と賞賛の声が巻き起こった。アイルランド人のラグビージャーナリスト、アラン・イングリッシュ氏が語る。

「アイルランド人の私にとっても、世界中のラグビーファンにとっても、センセーショナルだった。アイルランドは決して日本を侮っていたわけではない。手強いチームだと思って真剣に対策を練ってきたが、その想定をはるかに上回っていたと思います。

 日本代表はベスト8入りを目標にしている。だが、準決勝(ベスト4)まで進む可能性も十分にあるでしょう。それほどの強さと戦略性を見せつけた。フィジカルもメンタルも強く、勝つためのミッションを確実に遂行する姿を見て、私は日本代表が大好きになりました」

 英国の高級紙『ガーディアン』は日本代表をこう表現した。

〈蒸し暑さをものともしない試合ペースを維持し、スキルや試合にかける熱量でアイルランドを上回った。最後の笛が鳴ったとき、雷鳴のような熱狂の叫びが響き渡り、それは近くの富士山をぐらつかせるほどだった。

 世界で最も堅いディフェンスのひとつとされるアイルランドを、力負けしないアタックで破る様子は、赤と白のユニフォームを着たオールブラックス(ニュージーランド代表)に見える瞬間が何度もあった〉

 英国の国営放送BBCも、日本代表の実力の確かさを伝えた。同局のラジオ番組で、元アイルランド代表ウイングのシェイン・ホーガン氏はこう言い切った。

〈これはまぐれではない。日本の力は完全にこの勝利に値するし、アイルランドより優れた試合運びだった〉

 同じくBBCでは、7人制ラグビーでフィジー代表を2016年リオ五輪金メダルに導いたベン・ライアン氏(イングランド人)も日本の試合に対する取り組みを激賞した。

〈日本はラグビーのお手本のようなプレーをした。正しいタックルのやり方を知りたい子供は、日本チームを見るべきだ〉

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。