記事

財政赤字を家計の赤字にたとえるべからず - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

1/2

財政赤字を家計の赤字にたとえるのはミスリーディングだ、と久留米大学商学部教授の塚崎公義は説きます。

財政状況は家計なら破産、と言われるが

財務省のホームページは、予算を家計にたとえて説明しています 。生活費がいくら、収入がいくらで、不足する分は借金をしている、という説明です。

加えて財務省は「家計の抜本的な見直しをしなければ、子供に莫大な借金を残し、いつかは破産してしまうほどの危険な状況です」「毎月の生活費の水準を抑えることにより……」としています 。

わかりやすい例えで国民の危機感を煽り、増税や歳出削減等に理解を得よう、ということなのでしょうが、いささかミスリーディングです。

家の外から借金をしているわけではない

第一は、「家の外に借金をしている」という例えです。日本国と外国との関係で言えば、巨額の対外純資産を持っているので、日本が外国からの借金に苦しんでいるわけではありません。ここがミスリーディングです。

「父さんが給料以上に使っているので不足分を母さんから借金をしている。一方で母さんは倹約家でしっかり貯めている。そこで、母さんは父さんに貸して、残りを銀行に預けている。父さんは銀行や高利貸から借りているわけではないので、家計としては問題ない」という例えの方が遥かに良いでしょう。

問題は、父さんと母さんの夫婦喧嘩が絶えないことくらいでしょう(笑)。とはいえ、母さんからの借金を減らすのは容易なことではありません。それは、父さんの支出が家族のためのものだからです。

歳出削減は家族を困らせる

父さんは、給料を稼いでいますし、サラリーマンの子供から食費を受け取っていますが、それらは一部が父さんの小遣いになるほかは、家族の食費や爺さんの小遣いなどになっているわけです。

つまり、父さんが母さんからの借金を減らそうと思えば、子供から多くの食費を取り立てるか家族の生活費を削る(この場合、母さんが足りない分の生活費を負担する)か爺さんの小遣いを減らすか、いずれにしても家族を困らせることになります。

父さんにとっては、子供も母さんも爺さんも大事な家族ですから、食費を取り立てたり生活費を負担させたり小遣いを減らしたりして彼らが困る事態は避けようとするはずです。言い方を変えれば、父さんと子供と母さんと爺さんの小遣いの合計は一定で、誰が多く小遣いを使うか、というゼロサムゲームだ、とも言えるでしょう。

一方、財務省のたとえだと、「家計簿が赤字だから倹約しよう」、ということになるでしょう。そこで、飲み屋に行く回数を減らしたとします。赤の他人である飲み屋が困るだけで、家族は困りません。それはミスリーディングです。

政府が財政赤字を減らすために増税すれば国民が困りますし、歳出を削減すれば同様に国民が困ります。国民は政府にとって赤の他人ではありません。家族であるはずです。

もしかすると、財務省にとっては「重要なのは財政収支である。国民は赤の他人なので、困っても知ったことではない」のでしょうか。そんな筈はないと信じたいですが(笑)。

あわせて読みたい

「財政赤字」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。