記事

官僚は本当に専門性があるのか

1.実は官僚の悩みは専門性がないこと!?

よくある官僚(特に分野横断的に異動していく事務系キャリア)の悩みで、人事異動が多くあまり専門性が身につかないというのがあります。

かくいう私も、課長補佐の頃にそういうことを感じました。

「なんか一生懸命働いてきて、色んな仕事をしてきたけど、自分はどの政策分野にもそれほど詳しくないなあ。このまま役人をやっていてなんか専門性が身につくのかなあ。」

ということを感じて少しモヤモヤしたことがありました。

自分の役人人生は、ほとんど1年で異動。制度を所管する原局は法改正のプロジェクトを達成したら次の部署へ異動みたいなのが多い。

管理部門的な官房的な部局がトータル4年。

他の役人より詳しいのは3年やった児童虐待とインドだけ

一方で、人によっては人事異動で同じような分野を複数経験して、例えば医療政策に通じているとか、経済分析に秀でているとか、労働法制はこの人に聞けばなんでも分かるとか、診療報酬はこの人とか、国際関係が強いとか、育児介護休業など仕事と家庭の両立はこの人より詳しい人はいない、事務系キャリアでもそういう専門性を持っている官僚もいます

     技術系の職員(何らかの資格を持っている技官という行政官がいます)は、通常役所の中でも、その専門資格を活かせる分野の範囲内で人事異動を重ねてキャリアを積ります。また、Ⅱ種(一般職)の職員も一定の部局内での人事異動が基本なので、その分野に詳しくなります。

そういう人たちがいるからこそ、自分の専門性のなさが気になるのですが。。。

2.スーパージェネラリストとしての官僚

そんな道を歩いてきた自分の、役人として優れているスキルは次のようなことです。

問題の所在の発見と解決策を考える、制度の作り方、ものの決まり方、政治構造を理解して先を読んだ戦略を考える、政治家等への説明、チームビルディング、そういったことが得意。特定の分野ではないのです。

もっというと、スキルというには抽象的でコンピテンシーみたいなものですが、もっと際立った自分の特徴は、こんな感じです。

虚心坦懐に素直にものを考える。思ったらやってみる。前例を気にしない。人事評価も気にしない。でも新しいことをやるまではとても慎重に色々なリスクを考える。自分の部署、厚労省、霞が関など組織の枠に思考も行動もとらわれない。仕事だとしても基本的に素の自分でコミュニケーションをとる。

そういうことを自分なりに考えてみた結果、

自分はスーパージェネラリストでいこう」と結論を出し、実際そういう役人人生でした。

なんで、スーパージェネラリストで行こうと結論を出したかというと、それが一番自分が貢献できるスタイルだと思ったからです。端的に言うと、役所の中も外も色んな人と話ができるし、皆が応援してくれる。それが一番の自分の特徴だと気づいたからです。

3.役人の人事ローテーション

このように、役人のタイプは本人の性格と歩んできたキャリアによってできあがります。

私自身は、人事課に異動の希望をほとんど出したことがなくて、頼まれるままに仕事をしてきて、結果的に満足しているのですが、全員をジェネラリストに育てなくても、基本的にはもう少し長いサイクルの異動がよいのかもしれません。

また、(私はそういうことをしてこなかったのでなんですが)思いがあるのであれば、人事にはずっと伝え続ければ、いつか考えてくれる時がくるでしょう。

4.専門性を持ちながらもタコづぼ化しないために

所属する部署が長くなっても、本業だけだとどうしても視野が狭くなります。

なぜなら、ずっと霞が関にいると、会う人が限られてしまうからです。

国の役人、自治体の役人、国会議員、関係団体、有識者など。。。

特に、現場の人や生活者(最終的なお客さん)との対話の機会は待ちの姿勢だと中々得られません。

業務の中でも課外活動でもよいので、ぜひ外に出かけて行って友達を作ったり、色々な人と話したり、講演したり、議論したり、他流試合をたくさんやってほしいと思います。

そして、そういう環境を作れるように、私も微力ながら外から変えていきたいと思います。

5.スーパージェネラリストは役立つのか。

ちなみに、大先輩のOBの方などに聞くと、ジェネラリストだった官僚は民間に出ると使い物にならないと言われたりします。

そんなこと言われちゃうと耳が痛くてドキドキですが、スーパージェネラリストである私がどんな価値を提供できるのか、退官してすぐ色々な方からお声かけがあり色々話をしていますが、自分としてはとてもワクワクしています。

自分一人でできることは限られていると思いますが、仲間が色んなところにいるから、一緒にやったらすごいことができて、日本はもっとよくなりそうな予感がしています。

あわせて読みたい

「官僚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  9. 9

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。