記事

【ラグビーW杯】 1次リーグ、どこが突破? 果たして日本は?

リーチ マイケル主将(左)の日本と、マイケル・フーパー主将(右)のオーストラリアはあと一歩に迫るなか、オウエン・ファレル主将(中)のイングランドはベスト8入りを決めた Getty Images

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグが終盤に差し掛かってきた。どのチームが突破するのか、日本代表は悲願の突破をできるのか。熱戦が続く各組の情勢をみてみる。

上位2チームが進出

W杯は出場20チームが5チームずつに分かれ、AからDまでの4組で1次リーグを戦っている。

各チーム、試合結果に応じて、勝ち(4点)、引き分け(2点)、トライ数が4つ以上(1点)、7点差以内の負け(1点)のポイント(勝ち点)を得る。最後の2つはボーナスポイントと呼ばれる。

勝ち点で上位2チームが1次リーグを突破して、8チームで争われる決勝トーナメントに進む。勝ち点が同数の場合は、直接対決の勝敗、得失点差などにより順位を決める。

5日時点でベスト8入りを決めたのは、C組のイングランドだけだ。

A組

スコットランドは、アイルランドと日本に詰め寄るために、まずロシア戦(9日)の勝利が必須だ。しかも、ボーナスポイントを得て勝利しないと1次リーグ突破は厳しい。

アイルランドは、サモア戦(12日)に勝てば、勝ち点15(または16)になって1次リーグ突破を決める。今後対決する日本とスコットランドが、両チームとも勝ち点15以上になることはないからだ。

現在1位の日本は、スコットランド戦(13日)に勝てば、初の決勝トーナメント進出が決まる。

スコットランドにとっては、日本に勝ったうえで、ボーナスポイントを得られるかが1次リーグ突破の成否の分かれ目となるだろう。

スコットランドが日本に勝利し、勝ち点で日本と並んだ場合、直接対決を制したスコットランドが決勝トーナメントに進む。

<関連記事>

B組

大会3連覇を狙うニュージーランドは現在3位だが、残りはナミビア戦(6日)とイタリア戦(12日)なので、首位に立つ可能性が高い。ただ、ナミビアに勝利しても計算上、1次リーグ突破は決まらない。

南アフリカは、カナダ戦(8日)にボーナスポイントを獲得して勝てば、準々決勝に進む。

イタリアは、ニュージーランド(12日)にボーナスポイントを与えずに勝てばベスト8に入る。南アフリカがカナダに敗れるか、ニュージーランドがナミビアに敗れるかした場合も、突破の可能性がふくらむ。

C組

フランスは、トンガ戦(6日)に勝利すれば決勝トーナメントに進む。

トンガは、フランス戦(6日)とアメリカ戦(13日)の両方に勝たなければ1次リーグは突破の望みは断たれる。

イングランドは、すでにアルゼンチン戦(5日)の勝利で、準々決勝進出を決めている。

D組

ウェールズは、フィジー戦(9日)に勝つと1次リーグ突破となる。

反対にフィジーが勝てば、ウルグアイを除く4チーム(オーストアリア、ウェールズ、フィジー、ジョージア)に理論上、ベスト8進出の可能性が生まれる。

オーストラリアは、ジョージア戦(11日)に勝利すると決勝トーナメントに。ウェールズがフィジーを下した場合にも、1次リーグ突破が決まる。

(英語記事 World Cup permutations: What's at stake?

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。