記事

「ステーキ食べたい」で批判された小泉進次郎大臣へ、「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったらしいので、ご注意下さい

小泉進次郎大臣の「ステーキ毎日食べたい」発言が

地球温暖化対策を議論する「国連気候行動サミット」に出席する環境大臣がステーキを食すというのは、はっきり言って正気の沙汰ではない

こんな感じの批判に晒されているようです。

世界中に恥を晒したも同然だという指摘もあって、Youtubeを検索してみたのですが、どういう文脈でこの質問がされたのかが辿れないのが残念なところ。

このところ急に逆風が吹き始めた感のある小泉進次郎大臣ですが、今後マスコミの引っかけに注意したほうが良さそうな事が報じられていました。

facebookが登場してから親指を立てる仕草をする日本人でも増えたと思います。

ただ大多数の日本人にとって「OK」のサインと言えば、親指と人差し指で○をつくるタイプのような気がするのですがいかがでしょう。

この「OK」のサインが、白人至上主義者たちのシンボルとして使われ出してから、OKサインに対する逆風がエスカレートしているのだそうです。

white powerで画像検索すると確かにその傾向があることが確認できました。

ニューズウィークはこんな記事も掲載しています。

ですが、グローバルにサービスを提供している著作権フリー画像サイトでは、当該OKサインが素材として販売されており、なじみのあるOKサインの禁止が世界的なレベルで浸透するまでには至っていないように見受けられます。

麻生さんが良く言葉の切り取りで騒ぎになってしまいますが、現在ニュースバリューのある小泉進次郎大臣は当面マスコミの注目が集まり続けるかと思います。

そんな小泉進次郎大臣には、何かの誘いにのって間違っても親指と人差し指で○をつくるタイプのOKサインを出さないようにと言っておきたいと思います。

何でこんなことを書いているかというと、この記事の配信元であるニューズウィーク日本版の記事、記事冒頭のメインビジュアルは事件と無関係の、ウィリアム王子がOKサインをしている写真を利用して、事件を報道しているからです。


更に、これをYahoo! Japanが配信すると、肝心の「問題のOKサイン」の動画がサイトを移動しないと見られないため、ウィリアム王子の写真の意味が更に理解しにくい状態となっています。


こんな風に記事を組み立てることが可能な訳ですから、

日本の大臣が白人至上主義者たちのOKサインで世界中からひんしゅく

みたいな記事が配信されないと良いなと思うばかりです。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    植松被告 翌朝小指噛みちぎった

    篠田博之

  3. 3

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  4. 4

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  5. 5

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  6. 6

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  7. 7

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  8. 8

    志位氏の長期独裁に触れぬ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  10. 10

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。