記事

【滝川クリステル】食品ロス問題専門家・井出留美「食品の表と裏を知らずして企業の繁栄はなし」

1/2


売れ残りの恵方巻き騒動で大きな注目を浴びた食品ロス問題。世界では毎年、食料生産量の3分の1(約13億トン)が廃棄されているという。食品ロス問題のジャーナリストである井出さんに、食品にまつわる光と闇を聞いた。

食べ物が命であることを忘れかけている

滝川 5月24日の参議院本会議で、日本でもついに食品ロスに関する法律「食品ロス削減推進法」が可決されました。2016年2月3日にフランスで世界初の食品廃棄を禁止する法律が成立してから3年強。長年にわたり国内外のさまざまな事例を取材されてきた井出さんは、この件についてどのようにご覧になりましたか。

井出 ついに、ですよね。ただ一般の方に十分な情報が届いているとは思えません。この春にあるスーパーが、賞味期限切れの食品を破格の値段で販売しました。それは最近増えている素晴らしい取り組みだと思うのですが、関連してテレビ局が「あなただったら買いますか?」と街頭アンケートを行ったところ、半数以上が買わないと答えたんです。「お腹を壊すから」という理由で。

滝川 賞味期限(美味しく食べられる保証期限)と消費期限(安全に食べられる期限)の認識が混同されていますよね。私も家で賞味期限の切れた調味料を使っていると、遊びに来た友人に怪訝な顔をされることがあります。別にすぐには品質は変わらないのに。

井出 まず自分の舌で判断することをしなくなっていますよね。ヨーロッパでは18ヵ月以上の賞味期限があるものは年表示だけでOK。缶詰なんて理論的には半永久的に持ちます。ある食品メーカーの方は、見切り品や賞味期限ギリギリの商品のほうが、味がしみて美味しいと言っていましたよ。叩かれそうで大きな声では言えないけどって、こっそり教えてくれました。

滝川 メディアの責任も大きいですよね。期限とかルールに異様に厳しくてすぐに「不正だ」と叩くから。そのくせ大量廃棄についての説明はないですし、メーカー側が、廃棄コスト込みで価格設定をしていることも伝えない。私たちは捨てるものの代金も払っている、という報道がもっとされたら、問題を身近に感じる人も増えるのに。

井出 マスメディアを見ていると、3R(Reduce、Reuse、Recycle)のうち、リユースとリサイクルのニュースには飛びつくけれど、最優先のリデュースにはほとんど触れられない印象が強いです。無駄をなくすには、水道でいうとまず蛇口を締めるのが大原則。リサイクルは最終手段です。でも実際は流しっぱなしの状態ですよね。国内だと京都市と文京区が3Rでなく2R(Reduce、Reuse)を推進していますが、世界全体で考えると周回遅れの印象は否めません。

滝川 そこに意識を向けるにはどうしたらいいのでしょう。

井出 「食べ物が命である」ということを意識する機会を増やしたいですよね。規格外の野菜については時々報道されますが、豚や魚も規格があります。例えば豚は平均体重115キロ前後で出荷されるんですって。規格範囲より多くても少なくても殺処分。しかもその処分は食品ロスの統計に入っていません。数だけ追って、根本問題を見逃すのも怖いです。

滝川 決められた数値に対して厳しすぎるんですよね。

井出 食品メーカーに勤めていた時、輸入品の冷凍ベーグルが通常より1個多く入っていた、というクレームがありました。アメリカの本社に報告したら驚かれましたね。「多いならいいんじゃないの」って。

滝川 クレームはどの国もあるでしょうけれど、企業側の対応が違う気がします。日本は必要以上に「お客様第一」になっているのではないかと。食品ロスは命を粗末にしていることと同義ですから、どこかで歯止めをかけなければなりませんね。

あわせて読みたい

「食品ロス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  3. 3

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  4. 4

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  5. 5

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

  6. 6

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  10. 10

    水害補償に山本太郎氏「お粗末」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。