記事

【ラグビーW杯】 日本、サモア相手に劇的な勝ち点5を獲得 8強に近づく

1/2
Getty Images 日本代表チームは3連勝し、ベスト8入りに近づいた

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は5日、1次リーグA組の試合が豊田スタジアム(愛知県豊田市)であり、日本(世界8位)が38-19でサモア(同15位)を破って3連勝し、初の決勝トーナメント進出に大きく近づいた。

日本は、試合終了時間を迎えた後に4つ目のトライを奪い、ボーナスポイントも獲得。勝ち点を14に伸ばし、同11のアイルランドを抜いてA組1位となった。

13日のスコットランド戦に勝利するか、負けてもポイントで争いで2位までに入れば、宿願となっていた準々決勝進出を果たす。

一方、サモアは1次リーグ敗退が決まった。

ペナルティゴールの応酬

両チームにとって落とせない一戦は、ペナルティキックの応酬で進んだ。

先手を取ったのは日本。前半3分と8分に、SO田村優がペナルティゴールを立て続けに決め、6点をリードした。

これに対しサモアは、前半10分と15分、CTBヘンリー・タエフがペナルティゴールを連続して成功。すぐに同点に追いついた。

前半24分、田村が3つ目のペナルティゴールを成功させ、再びリード。田村はこの日、キックが安定していた。

待望のトライ

着実に点数を重ね、サモアにリードを許さない日本だったが、欲しいのはトライだった。

A組が日本、アイルランド、スコットランドの三つどもえになることを考えた場合、トライを4つ以上挙げ、ボーナスポイントを獲得することが大事だった。

その待望のトライが前半28分、ついに生まれた。

WTB松島幸太朗がスピードのある突進をみせ、倒されてもまた立ち上がってゴール手前まで前進。そこからパスをつなぎ、最後はサモア出身のCTBラファエレ ティモシーがゴール左側に飛び込んだ。

田村はコンバージョンキックに成功。その後、タエフがこの試合3つ目のペナルティゴールを決め、16-9で後半へと折り返した。

再びPG合戦に

後半も出だしはペナルティキックの蹴り合いになった。

後半5分、サモアのタエフがペナルティゴールを決め、4点差に詰め寄った。

するとその3分後には、日本にもペナルティゴールのチャンスが到来。ただ、田村が蹴ったボールはポストの右へ。スタジアム全体で一斉にため息がもれた。

しかし後半11分、再び訪れたペナルティゴールの機会を、今度は田村がきっちりと成功させた。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。