記事

「ホストに1500万円貢いだ」出張風俗、セクシーパブ、舞台俳優と体の関係…アイドルが壮絶な過去を激白

1/2
 愛されていないと知りながらも、男性に貢いでしまう女性たちがいる。彼女たちはなぜ、自分を愛さない男性に貢いでしまうのだろうか。

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』(AbemaTV/アベマTV※毎週土曜21時から放送中)では、「私“ヒモ男養成ギブス”です」をテーマに、ヒモ男に悩まされた女性たちを取材した。

 「歌舞伎町の男性ホストに1500万円を貢いだ」と話すのは、アイドルで現在はセクシー女優としても活躍する優月心菜さん。男性ホストには、1回に約85万円、1カ月で約200万円ほど貢いだ時期もあったという。



 「(相手の男性は)私のことが嫌いだから月に1~2回しか来させないようにして、1回の金額を高くされていた」と当時を振り返る優月さん。ホストの男性に貢ぐ前は、舞台俳優に月15万円ほど貢ぎ、体の関係をもっていたという。舞台俳優はボーイズバーでも働いており、優月さんはもともとその俳優のことが好きだった。しかし、俳優との関係に嫉妬をした他のファンに盗撮されてしまい、優月さんはボーイズバーを出禁になってしまった。

 傷ついた優月さんが別のバーで出会ったのが、前述の男性ホストだった。ホスト男性に愚痴を聞いてもらい、次第に気持ちが癒されていった優月さん。店を出たあとに一緒のタクシーに乗り、相手からキスをされたという。

 その後、男性ホストから「お店に来てよ」と頼まれ、お店に行くと初回の会計が約5万円だった。さらに「俺のお店に通ってくれる女の子で、月に60万円使ってくれる子がいる」「お前は俺に対してそこまで本気になれるの?」と聞かれた優月さん。彼の言葉を真に受け、彼に貢ぐためにセクシーパブで働き始めた。



 優月さんによると、キャバクラの時給が約8000円であるのに対し、セクシーパブの時給は約1万2000円。仕事内容に抵抗はあったが「彼に月60万円貢いでいる女性に勝ちたい」と思いながら乗り越えた。

 しかし、思っていた以上には稼げず、優月さんが悩んでいると「地方の風俗で働いてみないか?」と声をかけられた。「それから新潟や宇都宮、静岡、柏、栃木など全国をまわってお金をかき集めた」と振り返る優月さん。出張風俗は給料がよく、1日4~5人の客を相手にし、1日15万円ほど稼げるときもあったという。優月さんは「お客さんによっては、お小遣いをくれる人もいた。1日に20万円もらえた日もあった」と出張風俗の実態を語る。

あわせて読みたい

「アイドル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。