記事

さて、野党の皆さんは、合同会派の機動力を存分に発揮出来るのかしら

私も、基本的に大きいことはいいことだと思っている。

どんなに優れていても一人で出来ることには限界があるので、能力のある方々が一緒になって力を合わせるようになることは悪いことではない。

合同会派にどの程度の力があるのか試すには格好の材料が皆さんの目の前にある。

森友学園や加計学園の二の舞になるか、ならないか。

関西電力に押し掛けて、警備員に何かの要求書を突き付ける程度のパフォーマンスしか出来ないのであれば、何だ、その程度のことしか出来ないのか、と見くびられてしまうはずである。
とにかく、精鋭を集めることである。

かつて森友学園や加計学園の問題で表舞台に立った人が今度も関西電力問題追及の先頭に立つようであれば、それだけで合同会派に対する期待感が大きく損なわれてしまう可能性があるから、この際、若い方々に大事な役割を担っていただいた方がいいはずである。

野党第一党の立憲民主党には、残念ながらそこまでの器量がある人が少なそうである。

合同会派が単なる烏合の集団になるかならないかの大事な時期である。

くれぐれも惰性で物事を決めないことである。
みんなが見ている、ということを承知しておいた方がいい。

あわせて読みたい

「立憲民主党(旧)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。