記事

NTTが非公開にした「肉片映像」を公開した狙い

1/2

企画展「表現の不自由展・その後」の展示をめぐって揺れている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。現地を視察した観光学者の井出明氏は「映像プログラムには意欲的な作品が多い。とりわけNTTが一部を非公開とした作品も全編を公開したことは評価すべきだ」という――。(第2回、全5回)

多数ある「ここでしか見られないもの」の価値

あいちトリエンナーレにおいては、インスタレーションを始めとする現代アートの作品だけでなく、映像プログラムが非常に充実している。その中には、『デトロイト』や『民族の祭典』といった広く公開された映画で、視聴が容易なタイトルもあるため、筆者は「ここでしか見られないもの」に割りきり、会場で監督とのアフタートークを楽しめるものに絞って会場で観ることとした。

こういった観点から筆者は、一般には観ることが難しかった小森はるか「空に聞く」と吉開菜央「Grand Bouquet」の2本を鑑賞した。

ちなみに、筆者は小森と長年の交友関係がある。映像作家である小森は、彼女の盟友である画家の瀬尾夏美とユニットを組み、アートによって被災地の記憶を残し続けた。

学術でもジャーナリズムでもない第3の手法

私は阪神・淡路大震災の頃から観光を用いた復興の研究をしているが、それまで災害の記録といえば学者が行った調査とジャーナリストが残したルポルタージュぐらいしかなかった。このため東日本大震災後、仙台市の「せんだいメディアテーク」で小森はるかと瀬尾夏美が制作した「波のした、土のうえ」を見たとき、ソフトな記憶の承継手法に驚嘆した。


小森はるか『空に聞く』2018(愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品) - (c)Haruka Komori

無理のない形で地域の中に入り、被災者に寄り添いつつ、日々の悩みや葛藤を映像の形で編み上げていく小森の方法論は、学術でもジャーナリズムでもない第3の手法ともいえ、芸術や映像文化の可能性を感じさせるものであった。

小森は公開や商用を意識せずにコンテンツを蓄積させていったのだが、その重要性に気づいた愛知芸術文化センター・愛知県美術館によってオリジナル映像作品として制作されることとなり、今回あいちトリエンナーレの映像部門のキュレーターである杉原永純によってプログラムに入った。映像作品「空に聞く」は、陸前高田における復興期の臨時災害FM局の活動を追ったものであり、ラジオ局が傷ついた人々の心を繋ぎ、人間関係のネットワークのハブとなっていく状況を丁寧に追いかけた力作である。

なお、今回のあいちトリエンナーレでは、小森の作品以外に映像プログラム中で富田克也が「典座(TENZO)」を投影するとともに、現代美術では藤原葵が「Conflagration」を発表するなど、東日本大震災という巨大災害とそこからの復興について、それぞれの芸術家がそれぞれの手法で描こうとしている点が横断的に確認できる。

NTTの判断により一部のシーンを非公開とされた作品

吉開菜央の「Grand Bouquet」は、中止となっている企画展「表現の不自由展・その後」に通じるところがある。この作品は15分程度の小品であるが、映像中に肉片が飛び散るシーンがあり、身の毛が震える悍(おぞ)ましさを覚えかねず、また同時に、見ている者の精神を揺さぶる。

この作品は、2018年に東京・新宿の「NTTインターコミュニケーション・センター」(以下ICC)で展示されたが、NTTの判断により「ふさわしくない」と判断されたシーンが公開されず、来訪者は不完全なバージョンしか観ることができなかった。この経緯は作者自身が詳細な記録を発表している。


吉開菜央『Grand Bouquet』2019 - (c)Nao YOSHIGAI

今回、あいちトリエンナーレでフルバージョンが公開され、筆者も観覧する僥倖に恵まれたわけだが、本能的な忌避感と圧倒的な美しさがせめぎ合う15分は見る者の感性に挑戦するかのようで、非常にスリリングな体験であった。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  3. 3

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  4. 4

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

  7. 7

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    ヘリから女性落下 消防庁が謝罪

    AbemaTIMES

  10. 10

    嫌韓言説は本源的な暴力性の発露

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。