記事

「ジャーナリスト」とは何か問題 佐々木俊尚をめぐって

佐々木俊尚氏が「ジャーナリスト」とは思えない発言をしている。これは週刊誌を読んだ庶民の茶飲み話レベルである。その後のツイートに関しても、情報をアップデートしていないし、明確な根拠を示していない。詭弁に詭弁を重ねている。デマの拡散、ヘイトスピーチに相当する。たくさんの方が批判しているが、これが「ジャーナリスト」の仕事なのか。

「ジャーナリスト」という言葉が大安売りされている。「ジャーナリスト」としての「実績」や「実力」が怪しい人もいる。気づけばメディアの「コメンテーター」にも、さらには「芸術監督」になれたりもする。いつから「ジャーナリスト」は意識高い系がつくる、盛った名刺の肩書きレベルになったのか。

佐々木氏はそろそろ料理評論家、多拠点生活実践家、推測家、じゃアナリストなど、肩書きをアップデートするべきである。そうでなければ、真面目にやっている人が救われない。少なくとも今後のために、一連のツイートの根拠の説明や、場合によっては謝罪や釈明を行うべきである。

2019-10-04 21.14.51

自称「ジャーナリスト」への怒りは燎原の火のように燃え広がりつつある。安易な印象操作を阻止する闘いの奔流をまきおこせ。

あわせて読みたい

「ジャーナリスト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。