記事

元『FACTA』編集長の阿部重夫さん、人生最後の戦いが始まる

1/2
 長らく闘病されていた元『FACTA』の編集長・発行人だった阿部重夫さんが、リハビリを兼ねて独立し、自分メディアを立ち上げて調査報道の原点を探る事業を始めるのだそうです。マジかよ。

 新メディア名は『ストイカ(Σtoica)』とのこと。すでにパイロット版の募集が始まっているようで、一言、先に言ってくれればよかったのにと思うところ大であります。
阿部重夫 -note
https://note.mu/stoica_0110
 阿部さん、しばらくお加減が芳しくないことは存じていたのですが、骨の髄までジャーナリストなんだなあということで、率直に応援したいと思っています。
ストイカ(Σtoica)を創刊します|阿部 重夫|note(ノート) https://note.mu/stoica_0110/n/n60fce266091f
 結局、私自身は『FACTA』には一本も寄稿することはなかったのですが(本当です)、阿部さんが別の会員制月刊誌『選択』の編集長をされていたころから知己として主に証券系の経済事件でお話をお伺いする機会があり、その幅広い(幅広すぎる)人脈と、信頼できる複数の情報を組み合わせて事件を立体的に把握し記事に落とし込み、二度、三度と繰り返し報じて同じ標的を追い込む調査報道の凄みを拝見しておりました。

 その真骨頂は、ジャーナリスト山口義正さんを起用して一大スクープとなったオリンパス事件に関わる問題、そしてFIFAやオリンピックを巡る電通の一件、さらには鬼才・北尾吉孝さん率いるSBIグループを巡る騒動など、思い返せば調査報道に徹した阿部さんの『FACTA』がつけた一番槍がきっかけとなって世の中が問題に気づき、驚き、動いたというものも少なくありません。



 ある案件では、私がとても親しい企業の経営者が阿部重夫さんの筆に激しく追い立てられ、ツーブロック黒光りゴリラの典型だったのに、半年もしないうちに秋ナスの漬物みたいな風貌になっちゃったのは印象的でした。怖ろしい。実に怖ろしい。人間、上手くいったなとふんぞり返っているところへ、突然ガラリと襖が開けられて槍持った阿部重夫さんが闖入してくるという「好事魔多し」そのものだろうと思うわけです。

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  4. 4

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  5. 5

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    武漢から帰国の日本人が語る変化

    AbemaTIMES

  8. 8

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。