記事

元『FACTA』編集長の阿部重夫さん、人生最後の戦いが始まる

1/2
 長らく闘病されていた元『FACTA』の編集長・発行人だった阿部重夫さんが、リハビリを兼ねて独立し、自分メディアを立ち上げて調査報道の原点を探る事業を始めるのだそうです。マジかよ。

 新メディア名は『ストイカ(Σtoica)』とのこと。すでにパイロット版の募集が始まっているようで、一言、先に言ってくれればよかったのにと思うところ大であります。
阿部重夫 -note
https://note.mu/stoica_0110
 阿部さん、しばらくお加減が芳しくないことは存じていたのですが、骨の髄までジャーナリストなんだなあということで、率直に応援したいと思っています。
ストイカ(Σtoica)を創刊します|阿部 重夫|note(ノート) https://note.mu/stoica_0110/n/n60fce266091f
 結局、私自身は『FACTA』には一本も寄稿することはなかったのですが(本当です)、阿部さんが別の会員制月刊誌『選択』の編集長をされていたころから知己として主に証券系の経済事件でお話をお伺いする機会があり、その幅広い(幅広すぎる)人脈と、信頼できる複数の情報を組み合わせて事件を立体的に把握し記事に落とし込み、二度、三度と繰り返し報じて同じ標的を追い込む調査報道の凄みを拝見しておりました。

 その真骨頂は、ジャーナリスト山口義正さんを起用して一大スクープとなったオリンパス事件に関わる問題、そしてFIFAやオリンピックを巡る電通の一件、さらには鬼才・北尾吉孝さん率いるSBIグループを巡る騒動など、思い返せば調査報道に徹した阿部さんの『FACTA』がつけた一番槍がきっかけとなって世の中が問題に気づき、驚き、動いたというものも少なくありません。



 ある案件では、私がとても親しい企業の経営者が阿部重夫さんの筆に激しく追い立てられ、ツーブロック黒光りゴリラの典型だったのに、半年もしないうちに秋ナスの漬物みたいな風貌になっちゃったのは印象的でした。怖ろしい。実に怖ろしい。人間、上手くいったなとふんぞり返っているところへ、突然ガラリと襖が開けられて槍持った阿部重夫さんが闖入してくるという「好事魔多し」そのものだろうと思うわけです。

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  5. 5

    モテる男性が結婚繰り返す残酷さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    佳子さまの十二単姿に「麗しい」

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  10. 10

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。