記事

ラグビー 伝説のセンターがサモアに挑む日本代表にエール

51年前にオールブラックス・ジュニアを破った伝説の日本代表

“伝説の日本代表センター”横井章氏(78)。取材は5時間を超えた(筆者撮影)

オールブラックス・ジュニア戦の翌日、現地紙一面に載った横井氏を讃える記事

「正直、ジャパンがアイルランドに勝てると思っていなかったので、嬉しい大誤算ですわ。最初は絶対に無理やと思っていたけど、試合が進むにつれて“あれ、あれ……、イケるんちゃうか!?”となった。古い先輩として『ホンマようやった、よう頑張った』との思いです」──“伝説の日本代表センター”と呼ばれた男は、後輩たちの偉業をこう褒め称えた。

【写真】伝説のラグビー日本代表・横井章氏(78歳)

 熱戦が続くラグビーワールドカップ日本大会。9月28日には日本が優勝候補のアイルランドを19-12で撃破して、国中が大騒ぎとなった。喧騒のなかで驚きと喜びをかみしめるのは、元ラグビー日本代表主将の横井章氏(78)だ。

 今から50年以上前、1968年のニュージーランド遠征。闘将・大西鐵之祐(故人)が率いたジャパンは同国の23歳未満代表である強豪オールブラックス・ジュニアを23-19で破って世界を驚かせた。

 現代表で最も小さい田中史朗選手より2センチ低い身長164センチの横井氏は、この試合でバックスの要であるセンターとして縦横無尽にグランドを駆け回り、1トライ4アシストという大車輪の活躍でジャパンを歴史的勝利に導いた。

 攻撃時は小さな身体にボールを抱えるように大柄な相手の懐に飛び込み、ギリギリの間合いで絶妙のパスを味方に放る。防御時は弾丸のように鋭い出足で間隔を詰め、敵の攻撃を寸断する。体格のハンデを敏捷性と頭脳で補い、確かな技術と勤勉さをミックスして勝負をかけた横井氏のプレーは、ラグビー王国ニュージーランドの目の肥えた観客を魅了した。

「体が小さくて足が遅い日本人が世界で勝つために、接近戦と前に出るディフェンスを編み出したんや。当時としては世界最先端のプレーが現地を驚かせ、試合翌日の現地紙は『横井がジュニアにラグビーをレッスンした』と一面で報じました」(横井氏)

 あれから長い時間が過ぎた。1995年のワールドカップでニュージーランドに145-17の惨敗を喫するなどの暗黒時代を経て、2019年のジャパンは世界2位のアイルランド相手に歴史的な勝利を収めた。

 情に流されず、冷静で客観的な視線を持つ横井氏はめったに人を褒めない。それでも今回のジャパンの偉業については「素晴らしいことや」と相好を崩す。

「ジャパンは51年前と同じ前に出るディフェンスをやり続けて相手の突進を阻止した。勝利確実とみられたアイルランドは、試合開始から前へ出てはつなぐ多フェイズ攻撃でボールを保持しながら、前半で12点しか取れなかったことが最大の誤算。後半の後半で相手は完全にへばったが、ジャパンは前へ出るディフェンスと素早く細かく展開するアタックを繰り返し、“ここぞ”という場面でトライに結びつけた。ホンマ大したもんや」(横井氏)

 1970年から5年連続で日本代表の主将を務めた後に現役引退して社業に専念した横井氏は、2000年に現場復帰して全国の高校や大学でラグビーの指導や助言を始めた。これまでに帝京大、関西学院大、京都成章高、御所実業、尾道高といった名だたる強豪校が横井氏のコーチングで力をつけた。

 それだけの実績を誇る横井氏は、確固たるラグビー理論の持ち主だ。指導も「ガツンと当たってグワーッと走る」という感覚的な教え方ではなく、「ラグビーはサイエンス」との信念に基づき、理に適った身体の使い方や具体的な戦術、戦略を関西弁で熱く語る。今回の取材でも、記者に説いた「横井先生のラグビー教室」はあっという間に5時間を超えた。

 現在、ジャパンの奮闘で日本には“にわかファン”が急増している。そんな人々に横井氏が何よりも伝えたいのは、「ラグビーは心と身体が連動するスポーツ」であることだ。5日夜にサモアと戦う日本代表には、こうアドバイスとエールを送る。

「試合中に『勝てるぞ』『行けるぞ』という気持ちになれば、身体が0コンマ何秒早く動き、数センチでも早く前に出られる。ギリギリのところで勝負を分けるのは、そのコンマ何秒や数センチの動きなんや。

 そのためにも大事なのはゲームの入り方。キックオフを深めに蹴り込んでバチコーンと相手にタックルを決めたり、思い切りテンポよく回して相手に後手を踏ませれば、味方は“よし行けるぞ”となって、心と身体が連動してチームに勢いが出る。これからのジャパンの試合も、序盤でそうした状況をいかにつくるかがカギになるやろうな」

 そう語る横井氏自身、先日のジャパンの勝利で改めて気づかされたことがある。それは、「信じる」ことのかけがえのなさだ。

 アイルランド戦の劇的な勝利の後にスタンドオフの田村優選手は、試合前にジェイミー・ジョセフヘッドコーチから次のような言葉を送られて心が奮い立ったと話した。

〈誰も日本が勝つことを信じていない。接戦になるとも思っていない。どれだけ犠牲にしてきたかもわからない。信じているのは自分たちだけだ〉

 伝説のセンターは、51年前の遠い日を思い浮かべて目を潤ませる。

「アイルランドとジャパンの試合を見て、『勝負に絶対はない。しかし絶対を信じない者に勝利はない』という大西先生の言葉を思い出しました。結局そこなんや。もちろんそこに至るまでの準備を積み上げることも大切だけど、最後の最後は、自分たちの勝利をどれだけ信じられるかにかかってるんや」(横井氏)

 1968年のジャパンと2019年のジャパンをつなぐのは、「信じる」という純粋な一念。みんながジャパンの勝利を信じることができれば、ワールドカップベスト8という未知の扉は必ず開く。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。