記事

ガンジー生誕150年記念日に遺灰盗まれる 肖像に「裏切り者」とも

ガンジーのコスチュームで生誕150年を祝う子どもたち (写真:ZUMA Press/アフロ)

10月2日はインドの「独立の父」であるマハトマ・ガンジーの誕生日。今年は生誕150年の節目にあたり、インド各地で偉大な指導者の生誕150年を祝う記念イベントが開催された。しかし同日、ガンジーの遺灰や遺品が安置されている記念碑から遺灰が盗まれていたことがわかった。

ガンジーは1948年にヒンドゥー原理主義団体に所属する男により暗殺された。国葬され、荼毘に付された後に遺灰の一部はガンジス川などに散骨された。残りの遺灰はBapu Bhawanに建立された記念碑に収められていた。2日に何物かがこの遺灰を盗み出し、掲げられていたガンジーの肖像写真には緑色のペンキで「裏切り者」と落書きされていた。

記念碑の管理人はThe Wireの取材に対し「あの日は朝早く門を開けました。ガンジーの誕生日でしたから。午後11時頃戻ると、遺灰が消えており、ガンジーのポスターも汚されていました。恥ずべき行為です」と語る。

ガンジーは自身も敬虔なヒンドゥー教徒であったが、「ヒンドゥーとイスラムが融合したインド」を推進したことから、ヒンドゥーの少数過激派からは裏切り者の烙印を押されている。今回の犯行もこうした過激派によるものと見られており、警察が防犯カメラの映像などから捜査を進めている。

あわせて読みたい

「インド」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。