記事

広末涼子、さんまに「老化して丸くなった」と指摘する

 広末涼子が、10月1日放送の『踊る!さんま御殿!!秋の豊作祭!』(日本テレビ系)で、明石家さんまの変化を語った。

 広末は「今年、生番組でご一緒したとき、今までにないくらい優しくて」とさんまが優しくなったことを指摘。

 一時は「トークとかでも厳しくて、キツイなって思っていた」と嘆いたが、「すごい優しくて。ちょっと老化が……。丸くなってきたのかな」と明かした。

 ひざから崩れ落ちたさんまは「丸くなったかもわからない」と認め、「お前のことは特別大事にしてきた」とアピール。広末は「ありがとうございます」と感謝していた。

 広末は母としての意外な悩みも告白。子供とコミュニケーションを取るため、普段から大きなリアクションになるのだが、それが子供には不評のよう。

 広末は「あんまりリアクションが大きいと、長男にも『キモッ!』って言われて。グイグイいっているみたいで、『キモいからマジやめて』って言われます」とぶっちゃけていた。

 広末は、10代の頃にさんまとドラマで共演したとき、思わず怒ったエピソードを2017年10月8日放送の『行列のできる法律相談所 2時間SP』(日本テレビ系)で告白している。

 1998年放送のドラマ『世界で一番パパが好き』(フジテレビ系)で親子役を演じた2人。当時、忙しくて睡眠時間が少なかった広末は、撮影の休憩中、仮眠を取ろうとした。だが、さんまがずっと話しかけてくるため、一睡もできなかったという。

 さらに、さんまは撮影期間中に散髪したり日焼けしたりして、シーンのつながりを台無しにしたことも明かしていた。

 親子役を演じた広末とさんまは、何年経っても気の置かない仲のなのだ。

あわせて読みたい

「広末涼子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。