記事

巨人・阿部慎之助引退で「松井秀喜監督」実現も遠のいたか

コーチ入閣は確定的か(写真/時事通信フォト)

「松井監督」は夢物語?(写真/時事通信フォト)

 9月24日、巨人が5年ぶりのリーグ優勝を決めた3日後に、阿部慎之助(40)の引退が一斉に報じられた。今シーズンはベンチを温めることが多かったものの、打率2割9分9厘、6本塁打。“代打の切り札”としてチームの信頼は厚かった。それでも引退を選んだため、阿部の「コーチ入閣」が確実視されている。その後の「監督就任」もあり得るだろう。

【写真】巨人のユニフォームを着た松井

 するとますます遠ざかるのが、多くの巨人ファンが熱望してきた「松井秀喜監督」だ。巨人担当記者が言う。

「以前から巨人内では、松井秀喜氏(45)に原監督のもとで監督修業をさせたいというプランもあった。しかし松井氏は首を縦に振らなかったようです。まだ幼い子供の教育のためにも、アメリカに拠点を置き続けたい意向があるとも聞きます。

 原監督は、“自分の野球哲学を後進に教え込みたい”という気持ちが強いだけに、長く師弟関係がある阿部が次期監督レースで大きくリードしたのは間違いないでしょう。復帰1年目で優勝も果たしたことで原監督の影響力はますます強くなっている。阿部より年上の『松井監督』が実現する可能性は低くなったと見られています」

 とはいえ、松井氏が「指導者の道」を捨てたわけではないようだ。

「ヤンキースのGM特別アドバイザーとして、傘下の2A、3Aのマイナー選手への打撃指導を続けている。指導力への評価は高く、ヤンキースで正式にコーチとなる可能性もある」(在米スポーツジャーナリスト)

 松井氏が再びまとうユニフォームは、ピンストライプが先かもしれない。

※週刊ポスト2019年10月11日号

あわせて読みたい

「松井秀喜」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  3. 3

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  4. 4

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  5. 5

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  6. 6

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  7. 7

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  8. 8

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  9. 9

    コロナの影響はどの地方でも深刻

    大串博志

    04月12日 08:25

  10. 10

    コロナが紙の新聞部数に与えた影響

    島田範正

    04月12日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。