記事

【読書感想】失われたアートの謎を解く

1/2

失われたアートの謎を解く (ちくま新書)
作者: 青い日記帳
出版社/メーカー: 筑摩書房
発売日: 2019/09/06
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

失われたアートの謎を解く (ちくま新書)
作者: 青い日記帳
出版社/メーカー: 筑摩書房
発売日: 2019/09/27
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
名画の悲劇は美術史の知られざる裏の顔だ。修復不可能になったムンク“叫び”、2012年にアパートの一室から発見されたナチス御用画商の隠し絵画1万6000点、8万8000個の破片から再現されたマンテーニャのフレスコ画、フェルメール“合奏”を含む被害総額5億ドルの盗難事件…欲望と不運が綾なす黒歴史に詳細なビジュアルで迫る!

 さまざまな「失われたアート」についてのエピソードが集められた本です。

 僕はけっこう「盗まれたアート」の話に興味があって、いろんな本を読んできたので、第一章の「美術品盗難事件簿」については、聞いたことがあるものばかりだな、と、少しがっかりしたのです。フェルメールの『合奏』やムンクの『叫び』の盗難事件について聞いたことがない、という人にとっては、読みやすくまとめられているとは思います。

 ムンクの『叫び』、僕もオスロ美術館で実物を見たことがあるのですが、あれだけの名画にもかかわらず、そんなに厳重な警備、というわけでもなく、写真も取り放題でした(2016年の話ですが)。そのオスロ美術館が2020年に移転する、というのは、この本ではじめて知りました。

 美術品の展示というのは、来訪者の感動と安全性を天秤にかけなければならない、という難しさがありますよね。

 あの『モナ・リザ』も盗難されたことがあるのです。

 ラスコー洞窟の壁画や高松塚古墳の壁画も、「発見されたこと」で環境が変化し、急激に劣化していったことが写真で紹介されています。

 いまは、保存の技術も進歩し、ラスコー洞窟のように、実物を再現した精密なレプリカが展示され、本物は立入り禁止になっている、という事例もあるのです。

 「ラスコーIII」というレプリカを九州国立博物館で観たのですが、「完コピ」は、本物の代替になりうるのか?というようなことをずっと考えていた記憶があります。

 これはもう、本物を失わないためには、致し方ないのでしょうけど。

   この本を読んでいると、「アートと人間」、あるいは「アートと政治」について考えてしまうのです。

 ナチスによる美術品略奪によって、多くの作品が失われました。

 リンツ計画は着実に現実のものとなっていった。総統美術館のためにハンス・ポッセが入手した作品は、1945年時点で8000点に及んでいた。

 また、ナチスの高級将校には美術愛好家が多かったことも略奪に拍車をかけた。熱烈な美術品愛好家だった帝国元帥ヘルマン・ゲーリングやハインリヒ・ヒムラー、美術品がもたらす莫大な利益に魅了された高官たち、そして彼らに群がるナチス御用達の画商が占領地で美術品を買い漁ったり、重要なコレクションを没収した。こうして、ドイツが進軍した地域で400万点以上の美術品が持ち去られ、空襲で焼けたもの、戦後のどさくさで散逸したものを含めていまだ100万点以上の行方が知れないといわれている。

あわせて読みたい

「アート」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  8. 8

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  10. 10

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。