記事

フェイクな検索

最近よく使っている検索サイトはグーグルとアマゾンである。それ以外を使わなくもないが、ごく特定の時だけ。で、心配なのは趣味に任せて検索していると、それが信用力や性格の判定に使われかねないことである。そこで意図的に、ランダムに検索もしている。

ランダムといってもたかが知れている。ニュースを読んでいて、「これ何」というのが時々あるので、それを検索するのが手っ取り早い。だが、個人にとって読むニュースに偏りがあるから、ランダムに検索といっても傾向が出ると思える。

最近気に入っているもう1つの方法がある。対アマゾンに有効である。それは注文するときに、カミさんの分も引き受ける方法である。僕はアマゾンのプライムになっている。というか、お試し期間に設定して、そのままになってしまったというべきか。本などで、明日にでもほしい物があるから、今はプライムでいいかと思っている。

とはいえ、カミさんもプライムになる必要はまったくない。そこで彼女の注文を僕が引き受けている。すると、アマゾンから、その関連商品がお勧めで画面に出てきたり、メールで案内が来たりする。「やった、引っかかった」という喜びがある。

当然ながら、女性向けの製品もたまに注文するし、コメ類をはじめ食料品や調味料を頼む。これらの注文品からするに、「変な趣味のある、独身の男性、老人」と分類されているかもしれない。

検索に関して、最近の最大のヒットは、9/25に書いた「馬も死ぬアマゾンのクルミ」である。アマゾンのクルミの正式名が分からないものかとグーグルで検索し、アマゾンのサイトに入った。そこで能書きとか値段とかを調べた。同じことを楽天のサイトでも少しやったが、こちらのサイトはややこし過ぎるので、どうしてもアマゾンに偏る。

この効果か、今日、「生ブラジルナッツ」つまり「アマゾンのクルミ」を買えと、アマゾンからメールが来た。アマゾンのクルミでアマゾンが死んだかどうかはともかく、「アマゾンが引っかかるアマゾンのクルミ」であるのは確かだ。

あわせて読みたい

「個人情報」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  4. 4

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  5. 5

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    武漢から帰国の日本人が語る変化

    AbemaTIMES

  8. 8

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。