記事

ラグビー・アイルランド代表に立ちはだかるブレグジットの壁

1/2
イギリスのEU離脱はラグビー・アイルランド代表にも影響するか(AFP=時事)

 ラグビー日本代表がワールドカップ第2戦で演じた4年ぶりのジャイアント・キリング。敗れたアイルランド代表は、今後、イギリスのブレグジット(EU離脱問題)の趨勢に左右される可能性があるという。どういうことか。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 ラグビーのワールドカップで世界ランク10位の日本が2位のアイルランドに勝利。過去の対戦成績が日本の全敗であったこともあり、このニュースは日本国内どころか、ラグビーが普及している世界中の国々で大きな反響を呼び起こした。

 だが、筆者は試合前の様子に少なからぬ違和感を覚えた。国歌斉唱が行なわれているはずの場面で、アイルランド代表の表情がぎこちなく、歌っていない選手のほうが多かったように見えたのだ。

 実はこれには理由があった。クリケットと同じく旧英連邦で盛んなラグビーのアイルランド代表はサッカーのそれとは違い、アイルランド共和国と英国領北アイルランドの選抜メンバーからなる混成チームで、流されていた歌曲はアイルランドの国歌でも英国のそれでもなく、南北合同代表チーム専用の歌曲だったのだ。

 長らく英国の植民地下に置かれていたアイルランドが完全独立を果たしたのは1949年のこと。それより早く1922年には自治領に昇格していたが、プロテスタントが多数を占める北東部6県は英国領北アイルランドとして留め置かれ、1949年の共和国成立以降もその状況に変わりなかった。

 英国本土である大ブリテン島からアイルランドへの入植が本格化したのは清教徒革命を指導したクロムウェルが護国卿(在任1653~1658年)として全権を握っていた時期のことで、プロテスタントがアルスター地方に集中したのは単純に海の玄関口であるベルファスト港がそこにあったことに拠る。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  4. 4

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  9. 9

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  10. 10

    経済回復は過剰な恐怖払拭が必要

    先見創意の会

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。