記事

必要なら一段の措置、非製造業部門を注視=米ダラス連銀総裁


[ザ・ウッドランズ(米テキサス州) 3日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は3日、連邦準備理事会(FRB)が今年これまでに実施した2回の利下げが十分であるかは時間が経たなければ分からないが、「必要に応じて」一段の措置を講じることに異論はないとの立場を示した。

カプラン総裁は記者団に対し「世界的な経済成長のほか、製造業や企業投資の弱体化が経済の他の部分に波及するまで待ち、脆弱性が顕在化するのを見極めた場合、待ち過ぎとなる可能性がある」と指摘。

FRBが7月と9月に決定した利下げで急激な景気減速の可能性は低下したとしながらも、可能性が完全になくなったわけではないとし、「必要ならフェデラル・ファンド(FF)金利(の誘導目標)をさらに調整することは厭わない」と述べた。

その上で、リスクマネジメントの観点から必要に応じて早い時期に行動を起こすことを選ぶとの立場を示した。

このほか、非製造業部門の動向を「極めて慎重に」見守っていると表明。多くの企業から、通商を巡る先行き不透明性が強いために決定などを先送りしているとの声を聞いていると述べた。ただ単月の経済指標に対し過度に反応すべきではないとの考えも示した。

米供給管理協会(ISM)がこの日発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は52.6と、2016年8月以来の低水準となった。関税措置を巡る懸念が高まる中、通商問題の影響が経済の広範な分野に波及している可能性が示唆された。

CMEグループのフェドウオッチによると、ISMの非製造業総合指数を受け、金利先物市場が織り込む10月29─30日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)での25ベーシスポイント(bp)の利下げ確率は92.5%と、前日の77%から上昇した。

カプラン総裁はまた、欧州中央銀行(ECB)が導入しているマイナス金利政策を踏まえると、金融政策には限界があるとの考えも表明。金利を長過ぎる期間にわたり低過ぎる水準にとどめると、リスクテイクや企業による借り入れが助長され、景気後退に陥った際は後退が一段と急激になる恐れがあるとの見方を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  9. 9

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。