記事

1週間で消費税増税をまとめろと主張しながら新聞には軽減税率を求める読売新聞には20%の消費税をかけよ

[画像をブログで見る]

(消費税増税で消費マインドが極端に冷え込み、それでなくても不況なのに恐慌とも言える状態になるのは明らか)

 

 

消費税増税を柱とした社会保障・税一体改革関連法案の修正協議を担う民主、自民、公明3党の実務者が2012年6月8日午前、国会内で初会合を開き、協議を開始しました。

この3党はなんと6月15日までの合意を目指すことを確認し、 野田首相は15日までに3党で修正に合意し、今国会の会期末の21日までに衆院で採決したい意向を示しているというのですから、呆れてものが言えません。

社会保障と税制の見直しが1週間で合意できるなんてありえないでしょう?!やれてしまったら、拙速の極み。国を滅ぼすような欠陥制度になるに決まっています。

[画像をブログで見る]

(消費税増税で景気が悪化し、所得税・法人税などを含めると国の税収はかえって減る。消費税増税は最悪の選択)



[画像をブログで見る]

(消費税を増税した分が社会福祉にまわるのではなく、これだけの福祉切り捨てが予定されている)



マスメディアは当然慎重な論議を求めるべきなのですが、野田政権を高く評価して、手に手を取って原発推進と消費税増税に邁進する読売新聞の6月9日付け社説が凄いです。

消費税修正協議 日本再建の大局を忘れるな(6月9日付・読売社説)

「少子高齢化に伴って歪(ひず)みの目立つ社会保障制度を持続可能なものにする。約1000兆円もの借金を抱える国家財政を健全化する。一体改革は、日本の将来を大きく左右する重要課題である。」

といいながら、日本再建の大局を忘れるなとはどういうことかというと、

「早期に合意を得るには、民主党がまず、自民党に大胆に譲歩することが欠かせない。」

「自民党も、「民主党は政権公約(マニフェスト)を撤回し、自民党案を丸のみせよ」という強硬姿勢一辺倒ではいけない。民主党のマニフェストに問題が多いのは事実だが、今の局面は、批判だけでなく、歩み寄りが求められる。」

と、内容云々ではなくて、とにかく妥協して手打ちをしろというのです。ヤクザの抗争じゃないんだから、この国をどうするかという中身をちゃんと検討せよとなぜ言えないのか。それどころか、肝心の社会保障について

「最低保障年金や後期高齢者医療制度の部分は、自民党の提案する国民会議の議論に委ねるなどの妥協を図るのが現実的である。」

って、つまり先送りして消費税増税だけ合意しろって言うんです。とにかく、とにかく、消費税造成だけがしたいんですね。野田政権=読売新聞=財界の三位一体攻撃には呆れます。

消費税は19%に増税して、その分法人税は25%に減税して頂戴という身勝手経団連のトンデモ提言 野田民主党政権とマスメディアが「大企業が望む消費税増税」に突き進む姿は原子力ムラそっくりだ 

[画像をブログで見る]

(消費税が福祉目的だなんて真っ赤な嘘。消費税増税分はずっと法人税減税の穴埋めに使われてきた)

[画像をブログで見る]

(低所得層ほど所得を消費に回す率が高いので、消費税の負担率が高くなる。つまり、消費税は格差を拡大し貧困層を苦しめる逆進性を持つ)



しかも、

「民主党は、給付つき税額控除などを提案しているが、現金支給が膨らめば、新たなバラマキ政策に陥ることが懸念される。むしろ、野党が提起する食料品などの軽減税率の導入について、より真剣に議論を深めてはどうか。」

というのですが、新聞業界って、新聞の消費税はゼロを主張しています。これは政府とマスメディアとで裏取引が出来ているから、だから消費税増税だけは全社上げて増税しろ増税しろというんですね。

その消費税増税分がまた法人税減税にまわり、大企業である新聞社やテレビ各社は消費税増税で二重に美味しいのです。だから、消費税増税に賛成の橋下大阪市長には甘く、反対の小沢民主党元代表には厳しいのじゃないの?

ちなみに、読売新聞は2012年4月29日付け社説では

「活字文化と言論報道の公共性を重視して、新聞や書籍などの税率を大幅に低くする国も多い。イギリス0%、フランス2.1%、イタリア4%などで、「知識には課税しない」との伝統が定着しているからだという。

日本では、消費税率が欧州ほど高くないため、これまで軽減税率の必要性があまり論議されなかった。欧州の先例は参考になる。」

5月19日付け社説では

「生活必需品のコメや生鮮食品、活字文化を担う新聞書籍などに対象を絞り込めば、政府が懸念する税収の大幅な落ち込みにはならないのではないか。」

などと、新聞優遇をしつっこく主張しています(呆)。あんたの主張のどこに「活字文化と言論報道の公共性」があるのさ。

国民には逆進性が高く格差を拡大する消費税増税を主張しながら、低所得層対策は後回しにして自分だけ税率を軽減してほしいと主張する、読売新聞などの大新聞社。

盗っ人猛々しいとはこのことです。

あくまで消費税増税を主張するなら新聞には20%の消費税を課すべし。それでも消費税増税に賛成しますか、読売新聞さん。

消費税増税反対に関しては小沢元民主党代表を断固支持!野田民主党も谷垣自民党も消えて良し!

 

あわせて読みたい

「新聞の軽減税率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  8. 8

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。