記事

他者は自分が思っている以上に鈍感である

「緊張がバレていると思っていたら、実はそうでもなかった」とか「隠し事がバレると心配していたら、意外とバレなかった」とか「好きだという気持ちをアピールしているのに全然伝わらない」とかみたいな経験をした事があるだろうか。要は、他者に自分の気持ちや考えが伝わっていると思っていたら、実はそれほど(或いは全く)伝わっていなかったというような経験だ。こうした「自己の内的状態(思考や感情)が他者に実際以上に伝わってしまっていると過大評価する」事は多くの人が陥り易い錯覚であり、これを心理学の用語で「透明性の錯覚」(illusion of transparency)という。

「透明性の錯覚」は人間が持つ認知バイアスの一種であり、様々なコミュニケーションの場面で見出される。これは冒頭で挙げたように、「緊張感」や「罪の意識」のような「隠したい感情や思考」だけでなく、「恋愛感情のアピール」のような寧ろ「伝えたい感情や思考」の場合にも、「相手は、自分の感情が分かっているはずだ」と過剰評価してしまう事が起こりうる(鎌田, 2007)。"illusion of transparency"という用語を最初に用いたトーマス・ギロヴィッチらが挙げた例で言えば、「(飲食物を摂取して)不味いと思った時の感情」等もある。(Gilovich, Medvec, and Savitsky, 1998)

実際にこういう認知バイアス経験した事がある人は多いはずだ。そして、このバイアスはコミュニケーションにおいて多様な結果を生む。スピーチの場で緊張している人なら、その緊張は取り越し苦労で終わるかもしれないが、嫉妬がパートナーに伝わっていると思っているのに実は伝わっておらず、気づいた時には恋愛関係がうまくいかなくなるという結果は当事者にとって望ましくない。(ちなみに、武田・沼崎(2007)の実験によると、透明性の錯覚は見知らぬ人よりも親密な相手の方が起こりやすい。「彼/彼女は私の事をよく分かっているはずだ」という思い込みが入るからだ。)

この「透明性の錯覚」が何故起こるかについての定説は、次のようなものだ。我々は「相手が自分をどう評価しているか」と考える場合でも、自分が意識している感情や思考を強烈に意識してしまう事で、そこから離れて考えられず、自分の感情を基準として「相手がどう思っているか」を考えてしまうというものだ(遠藤, 2007)。違う例でわかりやすく言えば、「相手が嫌がる事は何か」と考える時に、本来は客観的に相手が嫌がる事を考えれば良いのだが、「自分がされて嫌な事」を相手に適用してしまうという事だ。(「自分がされて嫌な事は他人にしてはならない」というのは、基本的に相手を思いやる上で大事な考え方だが、そこにはバイアスを生む可能性もあるということだ。)

とは言っても、実際のところ「客観的に」相手が自分をどう見ているかを考えるのは極めて難しい。この種の問題は、客観的に考えていると思っていても、それが本当に客観的であるかを確認するのが難しいからだ。

では、我々はこの「透明性の錯覚」を如何にして解決出来るのか。(解決する必要は無いという見方も多くあろう。)勿論、ある程度は感情を大事にしなければならないと思うが、こういうバイアスが抑えられたら便利な場合も多くあろう。その抜本的な解決策を私が持つわけではない。

しかし、膨大な心理学の実証実験により、「自分が思っているよりかは感情や思考は伝わりにくい」事が分かっているのだから、それを普段から知識として取り入れていれば(つまり、このブログを読んだあなたである)、少しは是正されるだろう。(心理学実験でも、被験者に予め「何を実験するか」がバレてしまったら正しく結果が出ないのだ。)少なくとも、誰かに気持ちを伝えようとするならば、「相手は自分が思っている以上に鈍感」という姿勢を持てば良いわけだ。逆に感情を隠したい場合では、この知識がある事でプレゼン等で緊張をほぐすのに役立つかもしれない。

参考文献【論文PDF】
T. Gilovich, V. H. Medvec, K. Savitsky(1998), "The Illusion of Transparency: Biased Assessments of Others' Ability to Read One's Emotional States", Journal of Personality and Social Psychology, Vol. 75-2, pp. 332-346

遠藤由美(2007)「自己紹介場面での緊張と透明性錯覚」『実験社会心理学研究』Vol. 46-1, pp. 53-62

鎌田晶子(2007)「透明性の錯覚:日本人における錯覚の生起と係留の効果」『実験社会心理学研究』Vol. 46-1, pp. 78-89

武田美亜, 沼崎誠(2007)「相手との親密さが内的経験の積極的伝達場面における2種類の透明性の錯覚に及ぼす効果」『社会心理学研究』Vol. 23-1, pp. 57-70

あわせて読みたい

「心理学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  3. 3

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  4. 4

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  5. 5

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  8. 8

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。