記事

香港人の写真家が見た「抗争の夏」

1/2
9月は新学年の始まり、中学生がストライキを発動し、遮打公園で集会した。230の学校から約4000人が参加した。(Photo by Chan Long Hei)

6月から7月にかけての香港といえば、雨季が明け、夏の日差しと熱い風がたくさんの人たちを旅へとかきたてる季節。しかし、2019年の6月より、香港は暗闇の中にいたのだ。毎週末には香港各地で抗議デモが行われ、官僚、警察、暴力団のスキャンダルが露呈。警察からの催涙ガスと発砲に若者たちが抵抗するという光景が日常となり、デモを取材する記者、現場にいる救急員までもが警察の標的となったのだ。

今まで文化的で楽しく魅力的な街だった香港は、一気に抗争の街となってしまった。2人のカメラマンのレンズを通して、この夏、香港に何があったのかをより深く理解してほしい。

はじまり──声を上げる市民、それを無視する政府

はじまりは2018年、ある事件がきっかけだった。それは台北で起きた殺人事件で、香港人男性の陳同佳容疑者が交際相手を殺害。この事件により、香港政府は《逃亡犯条例》と《刑事相互援助条例》の改正案を提出し、陳同佳を台湾に引き渡し台湾の法廷で裁くよう求めた。しかしその時点から、香港弁護士会の中国の司法制度への疑念が生まれ、改正案に対して一連の反対の声が上るようになった。一方で、台湾も改正案に協力しないと明言。論争の中、政府と親中派議員は改正案の通過を進め続け、それに対する反発で、改正案反対の旗を揚げる初めてのデモが起こり、13万人もの市民が参加した。それに続くように法律家たちによるデモも行われた。

当時からこの運動を追跡し続けているフリーランスのフォトジャーナリスト陳朗熹(Hei)氏は、「当時は社会の反響はそれほど強くなく、今日のような状況に発展するとは想像もしていなかった。」と話す。

今回の運動の最初のターニングポイントとなったのは、6月9日の改正案反対の大規模デモである。参加者数が香港人口の7分の1である103万人に達したにも関わらず、香港政府はデモ終了後に市民の訴えを無視し、その日の夜に改正案の続行を発表したのだ。深夜には警察と市民の衝突が相次ぎ、参加者の多くの若者や学生は逮捕されてしまった。「あの夜は多くのプレッシャーがあり心が痛かったし、無力感にも苛まれ、泣きたくても涙も出ないほど辛かったんです。6月9日までは、警察がそんなふうに武力をもってデモ隊を追いかけ逮捕するのを見たことがなかった。デモ隊は全く武装などしていなかったのに…。」とHei氏は当時を振り返る。

中年世代の力

6月12日。市民の呼びかけにより数万人の市民が政府本部を取り囲み、政府に改正案の撤回と行政長官のキャリー・ラムの退任を要求。その際政府本部前で起こった少数グループの衝突は、警察の強制排除対象となる。傘やペットボトル、バリケードなど一般装備しか持たないデモ隊を鎮圧するため、警察は150本を超える催涙ガス弾、20発のビーンバッグ弾、数発のゴム弾を発砲。多くの人が負傷し、騒動が暴動と定義されることになった。

前線にいた若者が世論の的となり、政府と政府を支持するグループは若者への非難を開始。一方で、学者、宗教団体、ソーシャルワーカー、親たちが若者たちを擁護し応援する側に回り、警察が武力を濫用したことを厳正に調査するよう求めた。若いデモ隊と同世代であるHei氏は「多くの社会運動は学生からはじまり、大人の参加比率は一般的に低いが、6月14日の『母の集まり』で、香港の大人たちの団結をはじめて感じた。親たちが涙を流しながら発言し、歌い、携帯電話のLEDライトをつけて振る姿に、心が動かされ温かい気持ちになった。とても感動したのです。

その中には、40代、50代のおじさんとおばさんがいて、警察と政府の横暴に対して怒鳴っていたのですが、彼らの情熱は、本当にみんなに大きいな力を与えたんです。」と語る。しかし、政府の変わらない官僚主義は民衆の怒りを買い、ついには一人の若者が政府本部付近のビルから飛び降り、自らの死で政府に訴えたことで、200万(+1)人のデモに発展。香港の人口の約3分の1に及ぶ声に直面したことで、キャリー・ラム行政長官は「無期限延期」で改正案の停止を発表したが、引責辞任することはなかった。

雨傘運動以来、6月9日、103万人規模(主催者発表)となった「逃亡犯条例」(容疑者を中国に引き渡す条例)改正案の反対デモの後、政府が民意を無視し、法案の審議を続行することを発表、デモ隊が政府本部を囲み、道路を占領。警察はデモ隊へ150本の催涙ガス、20発のビーンバック弾、数発のゴム弾を発砲するなど強引な手段で制圧。催涙ガスの中にデモ隊が逃げる時の傘が残した。(Photo by Chan Long Hei)

中環遮打花園にて香港の母親集会に6000人が集まった。涙を流す母親。(Photo by Chan Long Hei)

香港がイギリスから中国に返還された記念日に、恒例のデモが今年も行われた。夜、香港デモ隊が立法会を占領、議場で区章の中華人民共和国の文字と星をスプレーで消した。その後、その場でこの運動で初めて、有権者の任命について、1人1票を投票して選ぶという真の普通選挙の導入が含まれている「五大要求」を宣言。(Photo by Chan Long Hei)

立法会を占拠した夜

全面撤回ではなく、無期限延期に納得できない民衆は、返還記念日である7月1日に行動を拡大。55万人のデモと同時に、若者たちは立法会を取り囲み、夜になると防弾ガラスを割って立法会ビルに突入した。真っ先に館内に侵入したHei氏は、学生の焦燥と緊張を目の当たりにしていた。彼らは館内で、故意に投票施設を破壊し、歴代親中派の立法会主席の画像を取り外し、スプレーでメッセージを書き残すなど、志向性をもち破壊行動に出た。

その一方で、仲間が歴史文物や図書資料を破壊するのを止め、食堂で飲み物を取る場合は代金を置き残させた。一見、暴力的なイメージだが、政治システムと法執行機関に対する不満の文明化された表現であり、香港政府、香港市民、さらには世界中の人たちにその叫びが届くようにと願っての行動だった。

日本で音楽関係の撮影をしてきた香港人カメラマンのViola氏は、香港の一員として、一連の事件を記録するため急遽帰国したという。全く組織化されていなかったこの運動について、彼女は、若者がさまざまな信念と戦うことで、柔軟な行動をするようになったのではないかと考える。「無情な政府に直面して、若者は逮捕されること、ひいては死ぬことさえ覚悟しています。

実際は誰もが強くてやさしい心の持ち主。立法会を死守する人も、ビルの外で見守る人も、道を占拠して逃げ道を確保する人も、物資を調達する人も、やることはそれぞれですが、誰もが全員で帰ることを望んでいました。」ビルの外にいた若者が危険を顧みずに立法会に立ち入り、機動隊が建物に突入する寸前に仲間を連れ出したその友愛でなんとか流血を免れた。これは民衆の間に確立した「ひとりも欠けさせない」という決意で、今回の運動で重要な核心的価値になった。

Be water, my friend(友よ、水になれ)

話を6月中旬に戻そう。香港市民は大阪G20会議の前に世界中の新聞に一面広告を出すことで、国際的に《逃亡犯条例》の関心を呼びかけようと、クラウドファンディングを展開。立法会占拠後もキャリー・ラム行政長官は未だ民衆の訴えに答えず、相次ぐ若者の自殺からも目をそらしている。その結果、自由と法治精神を誇る国際都市・香港は、世界中の報道の焦点となった。

カメラマンとして、Viola氏はこの運動で映像がもつ力の大きさを実感した。「写真は言語の壁を超える。さまざまな国や文化の人々を引き寄せるられるし、大量の文字よりわかりやすい。社会運動で撮った写真をSNSに上げたら、多くの日本人の友人たちが香港の状況について聞いてきました。正直、現代の日本人は社会問題に関心がないので、香港の現状は想像もつかないでしょうし、こんなことが起こるなんて考えたこともなかったでしょう。」

海外へと外交討論が始まり、現地には政府官僚の黒幕を暴露するための内部の試みが行なわれるようになった。抗争で疲れていても志はゆるぎなかった。彼らは、香港のアクションスター・李小龍(ブルース・リー)の名言「Be water, my friend(友よ、水になれ)」を心に刻み、もはや政府本部のほか、さまざまな地区で異なる社会運動を実行。スケールは小さくなるものの、地方デモですら10万人以上を動員、中国大陸からの移民者や旅行者に対しては「光復行動(回復アクション)」を実施、各地のトンネルや歩道橋、フェンスにはメッセージで埋め尽くされた香港の「レノン・ウォール」が、そしてデモにより逮捕者のための募金活動など小さな運動を含め活動の幅は多岐にわたった。

毎週末の抗争活動では、必ずHei氏の姿が目に入る。「この運動はこのままで終わってはいけない。激しい衝撃でも、平和な集まりでも、レノン・ウォールの拡大だけでも、止めてはいけないんです。いったん止まれば失敗を意味することになってしまう。モラルを保たなければならないのです」

香港がイギリスから中国に返還された記念日に、恒例のデモが今年も行われた。デモ隊が中国の国章へ中指を立てた。(Photo by Viola Kam)

香港がイギリスから中国に返還された記念日に、恒例のデモが今年も行われた。夜、香港デモ隊が立法会を占拠し、ビルのガラスが全部割れたが、立法会内部では歴史価値があるもの、イギリス時代の写真などは守られ、「規律がある暴力」だと言われている。(Photo by Viola Kam)

「ジョン・レノンの壁」という、デモ応援メッセージを書いて壁に貼るという企画。最初は雨傘運動時、政府本部周辺の階段で行なっていたが、「18区で花を咲かせる」と共に、香港中各所で作られた。(Photo by Chan Long Hei)

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。