記事

ラグビーW杯、日本開催を支えた「雅子さまの先輩」の遺志

勝利の知らせに両陛下も笑顔を浮かべられた(撮影/JMPA)

W杯初戦は快勝した(撮影/藤岡雅樹)

「ラグビーワールドカップ(以下、W杯)、日本がなんと勝利を収めたようです!」

【別写真】激闘を続けるラグビー日本代表の勇姿

 司会者が興奮気味にそう告げると、会場のあちこちから歓声があがった。天皇皇后両陛下も笑みを浮かべ、小さく拍手をするように手を動かされ──。

 9月28日、列島が沸いた。世界ランク9位の日本代表は同ランク2位のアイルランドに挑み、下馬評を覆して19対12で勝利。過去の戦績は0勝9敗、一度も勝てなかった相手からの大金星だった。

「試合終了のその時、両陛下は茨城県で国民体育大会の懇談会に出席されていました。司会者が日本の勝利をアナウンスすると、陛下は『うれしい知らせですね』と話されました。お隣で雅子さまも喜ばれておられたようです」(皇室記者)

 開幕以来、日本人は世界のトップレベルのプレーを間近で堪能している。ただ、ラグビー強豪国ではない日本での開催に至るまでの道のりは容易なものではなかった。そんな夢の実現に奔走した外交官がいた。外務省の奥克彦元参事官(殉職後に大使へ昇進、享年45)だ。

「1981年に外務省に入った奥氏は、1987年入省の雅子さまの先輩に当たります。また、奥氏は陛下や雅子さまと同じく英オックスフォード大学への留学経験があります」(外務省関係者)

 奥氏は、知る人ぞ知る、「ラガー外交官」だった。

「兵庫県立伊丹高校2年生の時にラグビーの全国大会である花園に出場し、3年生ではキャプテン。180cmを超える長身で、体にバネのある奥氏のプレーは際立っていた。進学した早稲田大学ラグビー部でも、“将来は日本代表”と言われるほどの活躍だった。

 しかし、2年生の夏に突然の退部。目標だった外交官になるためでした。猛勉強の末、超難関の『外務公務員上級試験』に見事合格。突然の引退以上に、周囲を驚かせたそうです」(スポーツ紙記者)

 外務省入省後に留学したオックスフォード大でラグビーを再開、レギュラーにも抜擢され、日本人として初めて公式戦に出場した。留学後は世界を飛び回る中で得た人脈を生かし、ラグビーW杯日本開催に向けて奔走した。

「当時の日本は、1995年にW杯第3回大会でニュージーランドに145対17という記録的大敗を喫するなど、開催国にはほど遠い状況でした。しかし奥氏は、1996年に日本ラグビー協会の国際委員に就任し、大学の先輩でもある森喜朗元首相(82才)らに声をかけ、招致活動に情熱を注ぎました」(前出・スポーツ紙記者)

 しかし2003年11月、復興支援のためイラクに入っていた奥氏は、テロリストの襲撃を受け、志半ば、45才の若さで帰らぬ人となった。

 陛下は2004年2月の誕生日会見で「奥さんは私がオックスフォードに留学していた同じ時期にオックスフォードに留学しておられました」と触れられ、哀悼の意を表された。

 日本でのW杯開催が決まったのは、その5年後の2009年。奥氏の大学の後輩で、日本ラグビー協会副会長を務める清宮克幸氏(52才)は先日、テレビでこう話した。

《ぼくはずっと語っていきます。(中略)“なんで日本にワールドカップが来たか、知ってる? 奥克彦さんという人が言い出したんだよ”とね》

 雅子さまの先輩の遺志が、私たちに熱狂を届けてくれた。

※女性セブン2019年10月17日号

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  5. 5

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。