記事

前澤友作氏、新生・スタートトゥデイ設立 新たな挑戦へ

インタビューで驚きの事実を明かした前澤友作氏

「Let's Start Today」と書かれたTシャツを着た孫氏と前澤氏

孫氏のことを尊敬していると語る前澤友作氏

 ネット通販大手のZOZOがヤフーに買収されることが発表され、それに伴い創業者の前澤友作氏が社長を退任した。注目されるのは、「なぜZOZOを売ったのか」「今後、前澤氏は何をするのか」だ。「600億の借金を返すために会社を売ったなんて思われたくない」と語る前澤氏が、プロインタビュアーの吉田豪氏の取材に答え、ZOZO売却の背景と「新会社」について語った。

【写真】「Let's Start Today」のTシャツを着た孫正義氏と前澤氏

 * * *
──多額の借金がある人が21年やった会社を手放して新しいことを始めるとなると、「借金を返すために売ったのか」と勘ぐられますよね。

前澤:まあね。ひと言でいうと今後のZOZO社の成長のために、このタイミングしかないというタイミングで資本業務提携をヤフーさんと結ぶことができたんです。僕が株をなんで売るかっていうと、ヤフーさんが株を欲しいからなんですよ。ヤフーさんから見ると、ZOZOを連結子会社化するっていうのが今回の提携の条件ですからね。

 なんでヤフーさんが連結子会社化したいかっていうと、いろいろ業務提携していくなかで双方の資産を持ち寄っていろんなことをやるわけで。僕は会社の成長を考えたときに、自力でできないこともないかもしれないけれど、ZOZOはもっともっと社会を変えていく会社になるべきですから、このヤフーさんとの話っていうのは、ZOZOにとっては、ホントにベストタイミングだったし、ベストパートナーだったわけです。自分が21年大事に持ち続けてきた株だけど、ヤフーさんだったらお譲りして業務提携させていただいて、さらにZOZOが伸びていくためには、僕は泣く泣く売りますよ、という話で。

 借金を返したいから売るんじゃないんですよ。いま僕が手放さないとこの話は成立しなかったのです。だから会社のために手放すしかない。まあ、手放した株が2000何百億円ってなるから、またひと儲けしやがってってなっちゃうんだけど。

──ダハハハハ! 「ここで売り抜けか!」って。

前澤:話が違うんですよ! 僕は金融商品の投資とかはやらないんです。一番儲かる投資は自社株だと思ってずっと自分で持ち続けてきて、ほかの会社の株とか一切買ったりしてないので。そういった意味で自分の株を売るっていうのはホントに苦渋の決断だったわけです。ぜんぜん借金とは関係ない話で。

──借金で困った人が会社を身売りしたって話じゃない、と。

前澤:そこがつなげやすいんでしょうね。あとは残念ながら、資本市場とか株の原理とかっていうことを、多くのみなさんは知らないので、なかなか理解されないんですよね。そこは小中学校からの教育に入れたほうがいいぐらいだと思います。いま日本も先進国の資本主義ですから、そこの知識がないまま大人になっていくのはちょっと危険ですよね。

──経済の基本的な知識が抜け落ちているんですね。

前澤:抜けてますよね。株なんていったって、よくわからないんじゃないですかね、みなさん。やっぱり資本主義を知らないですよね。こうやって経営を継承したり、株を売って次世代に託したりっていう行為に対して、特にオールドエコノミー界では、「そんな若えのに引退しやがって、創業オーナーなんだから、死ぬまで株を持ち続けて自分の子孫に相続していくべきだ」みたいな事も、思われている方はまだ多いですよね。

 だけど欧米では、自分が冴えてるうちにどんどん新しいことを作って、それを自分たちより大きいところに引き継いで、さらに社会に役立つために発展させてっていうのを戦略的にやる人たちも多い。日本はなんでこうやってどんどん生産性が下がっているのかっていうと、そういう体質が残っちゃっているからなのかなとも思いました。

──会社を手放すのは無責任みたいな感じに見えちゃって。

前澤:お金も会社も循環させるのが苦手だから貯めたお金も遣えない。投資もできないし、会社も売れないし、株の流動性も低いし、資本市場が回りづらい。そんな古い考え方を持たれた方が多いんだと思うんです、特にご年配の方の中には、残念ながらまだそのような考えを持っている人も多い。

 そういう意味では孫(正義)さんなんて、それこそ先日もニュースになってましたけど、あの孫さんですら自分の株式を担保に入れてお金を借りてるわけですよ。借りたお金を何につかってるかっていうと、正式には出てないですけど、おそらく僕の予想ではビジョンファンドに自分で投資してるとか、要は自分の信用の範囲でお金をたくさん借りてきて、それをグルグル回すっていうのが孫さんのやり方で、資本市場のなかにおいてはあれがベストなんですよ。

 レバレッジ効かすっていうんですけど、わかりやすく言うと信用取引です。それを企業もやらなきゃいけないし、個人としてもやらなきゃいけない。まさにそれを僕は今回やったのに、これだけ叩かれて。

──孫さんのことは昔から尊敬してるみたいですね。

前澤:その経営スタイルもすごい好きですし、無茶をするし、ヤンチャな感じがするし、あとユーモアがあるし、オーラもあるし、ぜんぜん違うの。多くのいろんな社長に会いましたけど、この人の下だったら働いてみたいと思うぐらい別格。

 でも、誤解して頂きたくないのは、僕は1歳でも年上の人は尊敬しているんですよ。必ず敬語も使わせてもらいます。やっぱり何だかんだ言っても、年と経験には勝てないものもありますから。

──ちなみに社長退任会見のときに、前の社名の「スタートトゥデイ」と書かれたTシャツを改めて着てたっていうのは何か意味があるんですか。

前澤:あのとき言わなかったんですけど、スタートトゥデイっていう会社を、あの日、また作ったんですよ。

──原点回帰!

前澤:そうです。だから、もう一回新しいことをやって、もう一回ZOZOぐらいに大きくできたらいいなっていう。で、それはヤフーさんもZOZO社も、「いいよ、そういう気持ちでもう一回やるんだったら応援します。スタートトゥデイという旧社名を使ってください」って言ってくださって。だからスタートトゥデイっていう会社は実はあるんですよ、僕が社長で。ちなみに社長しかいない会社なんですけどね(笑)。

──なんでそんな大事なことを言わなかったんですか!

前澤:ちょっと情報量が多いかなと思って。ただでさえ資本業務提携、孫さんまで出てきて、僕が辞めて。それでまたスタートトゥデイを作るって、「え、どういうこと!?」ってなっちゃうから。ちょっと落ち着いたら言おうかなと思って(笑)。

あわせて読みたい

「前澤友作」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  5. 5

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  6. 6

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  10. 10

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。