記事

ブレグジットで一定のリスクは「確実に」存在=米国務長官


[ローマ 2日 ロイター] - イタリアを訪問中のポンペオ米国務長官は2日、英国が欧州連合(EU)を離脱した場合、英国、欧州、あるいは世界経済に悪影響を及ぼす「一定のリスクが確実に」存在するとの見解を示した。地元テレビのインタビューに答えた。

ただ、長官は、欧米の起業家精神と刷新活動により、「すべての人にとって経済成長が持続できる環境が継続される」と確信していると述べた。

インタビューで長官は、ブレグジットが世界経済全体に及ぼす悪影響について、「われわれはみな、この問題を長らく注視してきた。欧州でも英国でも人々と話してきた。みながこの問題の収拾を望んでいる。英国の人々はブレクジットに投票した。いま、その方法を模索する責任は英国にある」と述べた。

また、「悪影響が生じないよう、可能なかぎりのことをする用意がある」としたうえで、米政府は英国がEUを離脱した場合に自由貿易協定を結ぶ可能性を検討したと説明、米国は欧州の全諸国と関わっていきたいと述べた。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。