記事

米エアビー上場計画、主幹事はモルガンSとゴールドマン濃厚=関係筋


[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米民泊仲介大手エアビーアンドビーが来年計画する株式上場で、米モルガン・スタンレー<MS.N>と米ゴールドマン・サックス<GS.N>が助言業務を担う主幹事に選ばれる見通しとなった。事情に詳しい関係筋が2日、明らかにした。

ただ、関係筋によると、エアビーは新規株式公開(IPO)よりも新株を発行しない直接上場に傾いているため、主幹事業務は株式引き受けではなく、助言が中心になる可能性が高い。直接上場を選ぶことでエアビーは金融機関に支払う手数料を抑えられる。

関係筋の1人によると、エアビーは2020年半ば前後の上場を検討している。来年11月の米大統領選まで一定期間あり、選挙に伴う株式市場の不安定化の悪影響は受けないと想定される。

エアビー、モルガン・スタンレー、ゴールドマンはコメントを控えた。

エアビーは前月、20年に上場する計画を明らかにしている。[nL3N26A3RL]

調査会社ピッチブックによると、同社が最後に資金調達した際の企業評価額は310億ドルだった。また、米新興デジタルメディアVoxによると、同社は今年、ホテル予約アプリを手掛けるホテル・トゥナイトを買収したのとほぼ同じタイミングで非公開市場で株式を売り出しており、そのときの評価額は約350億ドルだった。

関係筋によると、非公開市場での同社株の取引価格に基づく企業評価額は約460億ドルに上る。ただ、商いが薄いため値動きは荒くなりやすいという。

単純比較はできないが、米ホテル大手のヒルトン・ワールドワイド<HLT.N>の時価総額である約260億ドルや米同業マリオット・インターナショナル<MAR.O>の400億ドルに見劣りしない水準にある。

あわせて読みたい

「Airbnb」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。