記事

米自動車3社、第3四半期はピックアップの国内販売が好調


[2日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>、フォード・モーター<F.N>、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>は2日、第3・四半期のピックアップトラックの国内販売台数が増加したと発表した。金利低下が需要を押し上げた。

GMのピックアップトラック「シルバラード」は16.6%増の15万5482台。全体では6.3%増の73万8638台となった。

フォードのピックアップトラックは5%増の24万0387台と14年ぶりの販売台数を記録。ただ乗用車の需要低迷により全体では4.9%減の58万0251台だった。

FCAのピックアップトラック「ラム」は14%増の16万1635台。全体は0.1%増の56万5034台だった。

GMの販売台数は米調査会社エドモンズの予想(74万8746台)に届かなかったが、フォードとFCAは予想(フォードが57万0179台、FCAが55万8302台)を共に上回った。

エドモンズは第3・四半期の米自動車販売がGMの伸びを背景に業界全体で0.8%増の430万台になると予想している。

フォードの米国マーケティング・販売・サービス部門バイスプレジデント、マーク・ラネーブ氏は電話会見で、「ガソリン価格と金利が引き続き歴史的な低水準にあり、業界全体で5年連続となる1700万台超の販売台数を支援している」と述べた。

9月16日に始まり、現在も継続中のGM従業員のストライキが販売に影響するとの懸念はあったが、自動車販売サイト「カーグルス」の分析によると、第3・四半期は深刻な在庫逼迫に直面しておらず、10月に向けた販売状況は健全という。

もっとも、GMはストライキによる部品不足に直面する恐れがあり、第4・四半期の販売に影響が及び、フォードなど競合他社が恩恵を受ける可能性がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  6. 6

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  8. 8

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  9. 9

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    韓国人記者に聞く日韓サッカー観

    森雅史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。