記事

千原ジュニア「友だち100人できるかな? 100人できたら地獄」 いじめ問題で“時代錯誤”の教育現場に苦言


 お笑いタレントの千原ジュニアが、後を絶たないいじめ問題に言及。「友だち100人できるかな? という歌があるが、実際に100人できたら地獄だ」と時代錯誤の教育現場に苦言を呈した。

 AbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』において、いじめ問題が取り上げられた。この日は2011年に発生した東日本大震災の影響受け、福島県南相馬市から山梨県に移住した家族が遭遇した壮絶ないじめについて議論が行われた。約5年間、陰湿ないじめに耐え続けた中学3年生のAさんの話が紹介されると、お笑いタレント・ドランクドラゴンの鈴木拓が「猿の時代からいじめはある。魚も水槽に入れたらいじめがある。人間のいじめは絶対になくならない。今はSNSでだっていじめができる。国がいじめ専門のスペシャルチームを作るべきだ。何年、同じことをやっているんだ」と、国からの打開策が示されないことに対して怒りを露わにした。

 すると国際政治学者の舛添要一氏が、自身の経験を交えて次のように続いた。

「SNSなどが入る前にいじめの国際比較を行ったが、いじめが存在するのは日本だけだった。戦後の日本社会の在り方が関係しているのかと思っていたところにSNSが入ってきて、より陰湿なものになった。肉体的な暴力もあるが、基本的には言葉でのいじめ、裏でのいじめが基本にある」

 自身もいじめを受けた過去を持つネット問題に詳しい文筆家の古谷経衡氏も「憲法には教育を受けさせる権利はあるが、子どもが通学する義務はない」と独自の視点で応じると、ノンフィクション作家の小松成美氏が古谷氏の意見に賛同した。

 一連の議論を聞いた千原ジュニアは「芸人の子どももいじめを受けているが、どんなに『いじめられてないか?』と聞いても『いじめられてない』と答える。難しい問題で、親に話した時にはすでに手遅れ寸前だ」と話すと、「友だち100人できるかな? という歌があるが、あんな歌を歌わせておいて、実際に100人できたら地獄だ」と続け、時代の変化に対応できない教育現場に対して苦言を呈した。

(C)AbemaTV

▶映像:「友達が100人できたら地獄」千原ジュニア、時代錯誤の教育現場に苦言

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。