記事

「表現の不自由展・その後」再開 あいちトリエンナーレの現場は平常運転?

あいちトリエンナーレの会場に2ヶ月ぶりに寄ってきた。つい先日、「表現の不自由展・その後」の再開が報じられたばかりである。文化庁が補助金不交付を発表するなど、この2ヶ月、何度も事件が起きたこの芸術祭もあと約2週間で幕を閉じる。

関西でアポがあり、名古屋で途中下車。「表現の不自由展・その後」の展示のある愛知芸術文化センターに移動。

平日午前なので、人は少なめ。街宣車なども来ておらず。電凸があったのかどうかは不明。まだ例の展示が再開されたわけではない。スタッフは8月頭に来たときよりも増えた気がするが、これは気のせいかもしれない。

ただ、一見すると平和なようで、ダメージは大きい。開始早々に「表現の不自由展・その後」の中断が発表されたが、その後、アーチストたちが抗議声明を出して、展示の中止や、本来の状態から発表内容を変更したのだ。前回、お邪魔した8月8日の段階では2組だけだったが、その後も増えた。この件に関する最新のリリースはこちら。

こんな風に但し書きがあり。

何かこう、寒々しい展示が・・・。

明らかに異常な空気が伝わってきた。

あいちトリエンナーレをめぐる問題はかなり交通整理が必要な案件であり。この2ヶ月に起こったこと自体が、アートのようだなとか、我が国の問題を可視化したという見方もできる。

ただ、芸術祭の本来の意義が適切に伝わらず、本来の展示を見ることができない期間が長かったという事実には向き合いたい。傷ついたのは観客もアーチストである。

もうすぐこの向こうの扉が開く。建設的な議論が広がること、我が国の現状について健全な危機感が広がることを祈っている。その瞬間、すべての展示が本来の姿に戻り、この芸術祭の目指したことが適切に伝わること、さらには、楽しみにしていた観客やアーチストが救われることを願ってやまない。

僕たちは育児のモヤモヤをもっと語っていいと思う [単行本]
常見 陽平
自由国民社
2019-08-08

最新作、よろしく。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  3. 3

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  4. 4

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

  7. 7

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    ヘリから女性落下 消防庁が謝罪

    AbemaTIMES

  10. 10

    嫌韓言説は本源的な暴力性の発露

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。