記事

ラグビーワールドカップ 日本代表の大躍進で「桜ジャージ」が品不足

日本代表の大躍進

 1997年からラグビー日本代表チームのジャージを提供している(株)カンタベリーオブニュージーランドジャパン(TSR企業コード:293789096、新宿区、以下カンタベリー)が、日本代表の大躍進で喜びに沸いている。

 ラグビーワールドカップ日本大会で、カンタベリーは日本代表の新レプリカジャージの生産数を強気の前回大会の15倍に増やして準備した。ところが、日本代表が優勝候補のアイルランドに歴史的勝利をあげるなど人気が沸騰。店舗によっては品切れも発生している。

 カンタベリーの担当者は東京商工リサーチの取材に対し、「日本代表の活躍と日本大会の盛り上がりで(桜ジャージの)在庫が少なくなっている」と話す。ただ、「今から追加生産しても11月までの大会期間中には間に合わない」と申し訳なさそうに語った。

 2連勝と勢いに乗るラグビー日本代表。初戦のロシア戦(東京スタジアム)や2戦目のアイルランド戦(小笠山総合運動公園エコパスタジアム)の観客席は、「桜ジャージ」の赤白で埋め尽くされた。

販売数20万着か

 日本代表の2戦は、数万人のファンが新しい「桜ジャージ」を着用して観戦したとみられる。カンタベリーは生産数を公表しないが、スタジアムで観戦できなかった全国のファンまで含めると、すでに20万着が販売されたとみられる。
 日本代表の予選プールの残り試合は、10月5日(土)のサモア戦(豊田スタジアム)、10月13日のスコットランド戦(横浜国際総合競技場)の2試合となった。初のベスト8に向けて期待は高まるが、最後まで気の抜けない試合が続く。

「桜ジャージ」で心を一つに

  日ごとに人気の高まる「桜ジャージ」、サイズによっては品切れも予想されるという。2大会連続でジャイアントキリング(大番狂わせ)を再現した日本代表の勝利は、もう奇跡ではない。実力で夢の舞台に歩む日本代表の応援に、ファンも「桜ジャージ」で心を一つにする。

‌品薄状態の日本代表「桜ジャージ」(カンタベリー提供)

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。