記事

三浦瑠麗氏が懸念「原理原則と意見が分離してしまっている人が多い」…「表現の不自由展・その後」が展示再開へ

1/2

 今月6~8日を目処に展示再開する見通しとなった、「あいちトリエンナーレ」内の企画展「表現の不自由展・その後」。愛知県が提示した条件を受け入れ、万全の警備体制を敷き、事前予約の整理券方式にするほか、開会時のキュレーション(展示内容)と一貫性を保持し、必要に応じて別途説明するといい、県では来場者に中間報告の内容などをあらかじめ伝えるという。

 この問題について、ヒアリングを受けたことから閉鎖中の展示室を見たという三浦瑠麗氏は、次のように話す。

 「入口にはカーテンがかかっていて、その手前には詳細な説明書きがあり、ショックを与える作品もあるかもしれない、という警告もある。最初の壁には、富山で拒絶された(昭和天皇の肖像を用いた)作品と、新しい動画作品の"大浦作品"がある。ここでは音声を聞くような仕掛けになっているが、全てを理解するためには立ち止まって何十分も見なければいけないし、ほとんどの人は最後まで見ることなく、つまり文脈を理解することなく進んでいくことになる。すると、これらの大浦作品にまつわる様々なものや、あるいは天皇と空気の存在を表現するアートなどが展示されている。そして、朝鮮学校の学生が描いた慰安婦の悲しみを表現した絵がある。これは千葉市が助成金を削った作品だ。つまり、天皇の写真を焼くイメージの作品と、女性の共感を呼ぼうとする、性暴力の被害者についての作品を一緒に見せられる。そうなると、右翼の人、あるいは天皇家を崇拝している人からすると、"これは反日だ"と思う状況で見ていくことになる」。


 その上で、「目を引いたのが、新聞記事などを貼りつけた中垣克久さんの作品で、私は"また戦争になって総動員になるぞ"という警告を込めていると私は解釈したが、やはり安保法制や安倍政権の安保政策への反対意見が込められているので、"安全保障クラスタ"の人は"何これ?"と思うだろう"。話題を呼んでいる作品がある一方で、話題になっていない作品もある。例えば右翼的だ"として韓国系団体からアメリカでの展示を止めるよう圧力があったが止めさせられなかったという、旭日旗を思わせる"放射線アート"も展示されていたし、データをしっかり調べたわけではないものの、割合としては慰安婦関連やそういったものが多いという印象だ。また、大事なのが"年表"で、表現の不自由というのは何十年も前からあったことなのに、その年表は表現の自由に対する政府の介入があった2001年から始まっていた。逆に性的、猥褻なものという理由から表現の不自由に含まれるものはあまりなく、結果的に世界観としては"政府vs国民"、という縮図に収まってしまっていたと思う」との見方を示した。

 また、今回の展示再開について三浦氏は「良かったと思う」としながらも「この問題は、例えば少女像をどう思うかということや、表現の不自由展の実行委員会の人たちのことをどう思うか、ということとはまったく関係がない。表現の自由というものは、脅迫、抗議の電話、あるいは政治家の発言によって揺るがされるものではないという大原則がある。皆が自分で見て判断し、意見を言うなら言うというのが正しい形だ」とコメントした。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  3. 3

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  4. 4

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

  7. 7

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    ヘリから女性落下 消防庁が謝罪

    AbemaTIMES

  10. 10

    嫌韓言説は本源的な暴力性の発露

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。