記事

まあ、表現の不自由展をそのまま再開されるのはご自由だが・・。

一旦始めた以上は、警備上の問題が解消されたのなら最後までやってしまう、というのは一つの見識だろう。

展示の内容に問題があるから取り止めることにした、などとは実行委員会側としては口が裂けても言えないだろうから、他に取り止める理由が見い出せないのなら再開せざるを得ないかな、と判断しても法律実務家の判断としては仕方がないかも知れない。

言論の自由、表現の自由を最後まで貫こうとすると、こういうことになる。
それが津田さんの元々の目論見だったろうから、この一連の経過そのものが表現の不自由展の中身だということになる。

この表現の不自由展の企画に携わった人は、いずれそれぞれにペナルティを課されたり、重い十字架を背負うことになるのかも知れない。

愛知県知事の大村氏にしても然り。

いずれ住民訴訟の対象になったり、県議会で厳しい追及をされたりするようになるのだろう。

関係者の皆さんがどの程度のことまで予測していたのか分からないが、これが現在の日本の社会の実情である。
今更、驚くことはない。

それにしても、実におぞましい展示である。
私には、とても正視できない。
愛知県民の皆さんが判断されることであるが、私はこういう企画に公金を支出することには反対である。
東京では、こんなことはしないでしょうね。小池さん。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  3. 3

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。