記事

老後の最大の不安である「お金」の問題の解決法

老後の不安といえば、健康がまず目に浮かびます。しかし、アンケート調査で、老後の不安は健康よりも、むしろお金という意外な調査結果が出たそうです。

健康機器の会社が、40代から70代の男女約6000人にインターネットでアンケート調査したところ、全体の86%が老後に不安があると回答し、具体的な不安要因は次のような比率になりました。

1位「お金」(52%)
2位「認知症」(45%)
3位「自分自身の介護」(40%)
4位「寝たきり」(33%)

2位以下は健康に関することですが、半数以上の人がお金の不安を持っていることがわかります。

ところが、老後の不安に対する対策として、食生活や定期的な通院・健康診断、日常的な運動といった健康面の取り組みは行っている人が多いのにも関わらず、お金についての対策は貯蓄が26%。資産運用になると、わずか13%しかいませんでした。逆に、何もしていない人が24%と一番多くなっています。

お金に関しての強い不安があるものの、具体的に何をして良いのかわからないという現状を反映した結果だと言えます。

健康については、野菜を食べる、運動するといったわかりやすい対策があり、実践へのハードルは高くありません。しかし、お金に関しては、ファイナンシャルプランナーのような専門家でも、間違えた情報を提供する場合があり、誰を信じて良いかわからない。結局何もできなくなってしまうのだと思います。

では、お金の不安を解消するためにはどうしたら良いのでしょうか。私は、まず情報収集から始めるべきだと考えます。

病気になった時、1人の医者だけではなく、別の医者からセカンドオピニオンを取る。それと同じように、複数のセミナーや書籍から情報収集し、お金とどのように付き合ったら良いか、最終判断するのが賢明です。

手前味噌になりますが、本日から東京で資産設計実践会のワークショップと説明会を実施します。まずは、資産の守り方増やし方の具体的な方法を解説した2時間20分の無料の動画をこちらから見てください。その上で、ワークショップにも参加し、更に理解を深めてください。

お金に関して絶対やってはいけないのは、身近にいる知識のない人の意見を鵜呑みにしてしまうこと。病気の治療に間違えた民間療法を使うようなものです。

資産設計実践会で私が提唱する方法が、唯一絶対のお金との付き合い方とは言いません。しかし、たくさんのお金との付き合い方の中の選択肢の1つとして、自信を持ってご紹介できる方法です。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年10月1日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  6. 6

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  9. 9

    韓国の対日訴訟 事実認めず迷走

    文春オンライン

  10. 10

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。